CCI-4時間足手法 〜Method編〜 レポートタイアップ!

2011年02月05日

このたびアイディーオー証券さんからタイアップのお話をいただき、
ツイッターで配信中の「CCI-4時間足手法」をレポート(54ページ)にまとめました!

使用するテクニカルはCCIをはじめ移動平均線やRSIを使用したシステマティックな手法なのですが、2010年3月22日にブログ記事にしたこちらの分析方法を発展させた手法となっています。

♪ 「CCI」2本重ねで得られるサイン!!そのA
http://jaguar5150.seesaa.net/article/144364392.html


手法が固まってなく、思いつきや何となくといった感じでルールが曖昧なままトレードをしていては、どんなにマネーマネジメントを工夫したところで将来の収益はプラスにはなりません。

変化するのは破産までのスピードだけです。

トレードで収益を上げる為には有効なトレードテクニックを会得する事は必須条件です。
このレポートではトレードの骨格となる「Method」すなわち手法に特化して執筆しました。

♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜
CCI‐4h_Method.jpg

【下記レポートの全体図です】
cci-4hmethod.png


実際に私自信2010年8月23日からこの手法でトレードをしていますが、
明確な売買ルールの手法をいくつも研究してきた中でも、今回の『CCI‐4時間足手法』は手ごたえのある手法です。

♪ 獲得pipsの推移グラフ <2011.2.5>
Image2.png


※CCI-4時間足手法の過去記事はこちら → CCI-4時間足手法

この手法は裁量の余地がほとんどない為、初心者の方をはじめ手法が固まっていない方には、このトレードアイデアを取り入れる事によって技術が格段に上がる内容のレポートだと思います。

手法の内容としては押し目や戻り売りのポイントが簡単に判断できるので、
「CCI-4時間足手法」のルール通りの運用をしない場合でも、みなさんが裁量トレードをする際に買い時や売り時の判断に活用できるかと思います。

押し目買いや戻り売りを計るツールとしてメジャーなフィボナッチ・リトレースメントを併用した「裁量トレードとしての売買法」等もご紹介しています。


【下記フィボナッチ・リトレースメントを使用したレポートの一部です】
※画像をクリックして頂けると大きくなります。
DL用PDF


トレード技術向上のきっかけになれば幸いです。

♪ 詳細はこちらでチェック!
  ↓ ↓
アイディーオー証券 × FXで勝利の音色を奏でよう♪ タイアップキャンペーン

posted by jaguar at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年より前の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CCI-4時間足手法〜Method編〜 レポート!

2011年01月29日

このたびアイディーオー証券さんからタイアップのお話をいただき、
ツイッターで配信中の「CCI-4時間足手法」をレポート(54ページ)にまとめました!

使用するテクニカルはCCIをはじめ移動平均線やRSIを使用したシステマティックな手法なのですが、2010年3月22日にブログ記事にしたこちらの分析方法を発展させた手法となっています。

♪ 「CCI」2本重ねで得られるサイン!!そのA
http://jaguar5150.seesaa.net/article/144364392.html


手法が固まってなく、思いつきや何となくといった感じでルールが曖昧なままトレードをしていては、どんなにマネーマネジメントを工夫したところで将来の収益はプラスにはなりません。

変化するのは破産までのスピードだけです。

トレードで収益を上げる為には有効なトレードテクニックを会得する事は必須条件です。
このレポートではトレードの骨格となる「Method」すなわち手法に特化して執筆しました。

♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜
CCI‐4h_Method.jpg

【下記レポートの全体図です】
cci-4hmethod.png


実際に私自信2010年8月23日からこの手法でトレードをしていますが、
明確な売買ルールの手法をいくつも研究してきた中でも、今回の『CCI‐4時間足手法』は手ごたえのある手法です。

♪ 獲得pipsの推移グラフなどを掲載した過去記事はこちら → CCI-4時間足手法

この手法は裁量の余地がほとんどない為、初心者の方をはじめ手法が固まっていない方には、このトレードアイデアを取り入れる事によって技術が格段に上がる内容のレポートだと思います。

手法の内容としては押し目や戻り売りのポイントが簡単に判断できるので、
「CCI-4時間足手法」のルール通りの運用をしない場合でも、みなさんが裁量トレードをする際に買い時や売り時の判断に活用できるかと思います。

押し目買いや戻り売りを計るツールとしてメジャーなフィボナッチ・リトレースメントを併用した「裁量トレードとしての売買法」等もご紹介しています。


【下記フィボナッチ・リトレースメントを使用したレポートの一部です】
※画像をクリックして頂けるとPDFがダウンロードできます。
DL用PDF


トレード技術向上のきっかけになれば幸いです。

♪ 詳細はこちらでチェック!
  ↓ ↓
アイディーオー証券 × FXで勝利の音色を奏でよう♪ タイアップキャンペーン

posted by jaguar at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年より前の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CCI-4時間足手法〜Method編〜 レポート!

2011年01月22日

※このタイアップは終了しました

このたびアイディーオー証券さんからタイアップのお話をいただき、
ツイッターで配信中の「CCI-4時間足手法」をレポート(54ページ)にまとめました!

使用するテクニカルはCCIをはじめ移動平均線やRSIを使用したシステマティックな手法なのですが、2010年3月22日にブログ記事にしたこちらの分析方法を発展させた手法となっています。

♪ 「CCI」2本重ねで得られるサイン!!そのA
http://jaguar5150.seesaa.net/article/144364392.html


手法が固まってなく、思いつきや何となくといった感じでルールが曖昧なままトレードをしていては、どんなにマネーマネジメントを工夫したところで将来の収益はプラスにはなりません。

変化するのは破産までのスピードだけです。

トレードで収益を上げる為には有効なトレードテクニックを会得する事は必須条件です。
このレポートではトレードの骨格となる「Method」すなわち手法に特化して執筆しました。

♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜
CCI‐4h_Method.jpg

【下記レポートの全体図です】
cci-4hmethod.png


実際に私自身2010年8月23日からこの手法でトレードをしていますが、
明確な売買ルールの手法をいくつも研究してきた中でも、今回の『CCI‐4時間足手法』は手ごたえのある手法です。

♪ 獲得pipsの推移グラフなどを掲載した過去記事はこちら → CCI-4時間足手法

この手法は裁量の余地がほとんどない為、初心者の方をはじめ手法が固まっていない方には、このトレードアイデアを取り入れる事によって技術が格段に上がる内容のレポートだと思います。

手法の内容としては押し目や戻り売りのポイントが簡単に判断できるので、
「CCI-4時間足手法」のルール通りの運用をしない場合でも、みなさんが裁量トレードをする際に買い時や売り時の判断に活用できるかと思います。

押し目買いや戻り売りを計るツールとしてメジャーなフィボナッチ・リトレースメントを併用した「裁量トレードとしての売買法」等もご紹介しています。


【下記フィボナッチ・リトレースメントを使用したレポートの一部です】
※画像をクリックして頂けるとPDFがダウンロードできます。
DL用PDF


トレード技術向上のきっかけになれば幸いです。
posted by jaguar at 21:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2012年より前の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CCI-4時間足手法〜Method編〜

2011年01月19日

※このタイアップは終了しました

このたびアイディーオー証券さんからタイアップのお話をいただき、
ツイッターで配信中の「CCI-4時間足手法」をレポート(54ページ)にまとめました!

使用するテクニカルはCCIをはじめ移動平均線やRSIを使用したシステマティックな手法なのですが、2010年3月22日にブログ記事にしたこちらの分析方法を発展させた手法となっています。

♪ 「CCI」2本重ねで得られるサイン!!そのA
http://jaguar5150.seesaa.net/article/144364392.html


手法が固まってなく、思いつきや何となくといった感じでルールが曖昧なままトレードをしていては、どんなにマネーマネジメントを工夫したところで将来の収益はプラスにはなりません。

変化するのは破産までのスピードだけです。

トレードで収益を上げる為には有効なトレードテクニックを会得する事は必須条件です。
このレポートではトレードの骨格となる「Method」すなわち手法に特化して執筆しました。

♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜
CCI‐4h_Method.jpg

【下記レポートの全体図です】
cci-4hmethod.png


実際に私自信2010年8月23日からこの手法でトレードをしていますが、
明確な売買ルールの手法をいくつも研究してきた中でも、今回の『CCI‐4時間足手法』は手ごたえのある手法です。

♪ 獲得pipsの推移グラフなどを掲載した過去記事はこちら → CCI-4時間足手法

この手法は裁量の余地がほとんどない為、初心者の方をはじめ手法が固まっていない方には、このトレードアイデアを取り入れる事によって技術が格段に上がる内容のレポートだと思います。

手法の内容としては押し目や戻り売りのポイントが簡単に判断できるので、
「CCI-4時間足手法」のルール通りの運用をしない場合でも、みなさんが裁量トレードをする際に買い時や売り時の判断に活用できるかと思います。

押し目買いや戻り売りを計るツールとしてメジャーなフィボナッチ・リトレースメントを併用した「裁量トレードとしての売買法」等もご紹介しています。


【下記フィボナッチ・リトレースメントを使用したレポートの一部です】
※画像をクリックして頂けるとPDFがダウンロードできます。
DL用PDF


トレード技術向上のきっかけになれば幸いです。

■ 私のポジションは・・・
変更なし

○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 77.41(10/9/9)
AUD/JPY ショート 81.62(10/11/4)

USD/JPY ショート 85.45(10/9/15)
USD/JPY ロング 82.40(1/17)

USD/CAD ショート 0.9972(10/12/31)

GBP/CHF ショート 1.5370(1/17)

EUR/USD ショート 1.3446(1/18)→新規ポジション
posted by jaguar at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年より前の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「オージー/ドル」のEMA21&フィボナッチ・ゾーン! / マーケットの魔術師に登場するトム・バッソ氏!

2011年01月05日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ 応援クリックよろしくお願いします! → 人気ブログランキング
                            にほんブログ村 為替ブログ
♪ FX初心者ランキング5〜10位にランクイン! → NO.1ブログランキング
♪ ツイッターで公開中の4時間足手法(CCI&PIVOT-MA)とは? → こちらをクリック!

─────────────────────────────────────────────────────

こんばんは。
この記事は21:11分から更新しています♪

・「その後の1000のトレードが控えていると考えたら、一つひとつのトレードがとたんに取るに足らないものに思えてくるんです。ある一つのトレードが成功したか、それとも失敗したか、そんなことは気にする必要がないのです。ただのトレードなのですから」
(トム・バッソ)


これは投資書籍で最も有名な「(新)マーケットの魔術師」の中でも私が好きなフレーズです。

トム・バッソはかなりの努力家だと私は思っているのですが、
彼はトレードをはじめて5年間損を出し続けていたが、損をする毎にただの損失で終わらせず必ず何かを学び負けていたとのこと。
・「何かを学び続けている限り、それは本当の損ではないのです。損は自分を次の段階へ高めてくれる機会

私もこちらのレポートで少し触れているのですが、トレードに聖杯はないと思っています。
仮に聖杯が存在し将来マーケットに機能し続けるのは過去から得た経験だと私は思います。

・「パフォーマンスよりも自分に合った「バランスの取れた」投資法を選択するということだ。
とトム・バッソ氏は喝破されていますが、これ以上Mind(精神)がトレードに影響を与えるという本質を単刀直入に表現した言葉は少ないと思います。

なぜ、いきなりマーケットの魔術師のトレーダーの話かと言うと、
1月にトム・バッソの新刊「トム・バッソの禅トレード イライラしない売買法と投資心理学」が発売されるとの事!
いつもなら書籍を購入する前に読む時間を無駄にしない為、本当に必要そうなのかを検討するのですが今回は即買いです。

久々に発売が待ち遠しい書籍です!
トム・バッソの禅トレード イライラしない売買法と投資心理学


さて、マーケットの方は新年度入りという事もあり動いていますね。
特に目立つのがオージーの弱さです。

オージーが売られている原因は・・
豪ドルに「売り攻撃」、大洪水で石炭・小麦輸出が打撃−ガートマン
出所 Bloomberg

これにより昨夜オージー円では先週意識されていたサポートライン83.62を決壊。
ツイッターでもリアルタイムに更新していましたが、私も思わずスキャルでショート参戦しました。
ただ、オージードルに関しては昨日の記事の通りそろそろロングで参戦しても良さそうな位置だと思います。

【AUD/USD】日足/4時間足
Image9.png
※画像はクリックで拡大できます。

♪ フォレックス・ドットコム
あの一目均衡表を考案した「一目山人」のお孫さん細田 哲生氏の
本家本元の一目均衡表レポートが見れます!
更に今なら5,650円〜10万キャッシュバックキャンペーン中です!


オージードルの日足、4時間足チャートです。

♪ 日足
日足ではEMA21より上側推移となり依然上昇トレンド継続といった格好。
テクニカル的にいえばRSIはブルベア分水嶺である50ラインに到達してサポートが意識される部分です。
ADXは下降推移ながら20ラインより上側推移となりいつトレンド発生してもおかしくなさそうな感じです。
CCIは0ラインより上側で推移してブル示唆。
これによりまだオージードルはロング場探しに見えます。

ちなみに今日は一目均衡表の雲のねじれである「変化日」の該当日になります。
明日以降流れが変わるかもしれません。
もしくは、雲の薄い所を狙って下抜けるかでしょう。

♪ 4時間足
日足に比べ短期的な4時間足チャート。
weeklyフィボナッチ・ゾーンに注目すると、先週はZONE6で引けています。(画像赤印)
先週ZONE6で引けた場合翌週の(今週)ZONE1や2には到達する確立が低いといった分析結果がでています。

これをトレードに応用すると下側に位置するサポートゾーンは買い場と分析できます。

現在はサポートゾーン1に引っかかっている状況。(ピンク斜線ゾーン)

 ※フィボナッチ・ゾーンで分析する時に、「サポート(レジスタンス)ゾーン1〜2」といった表現と、「ZONE1〜6」といった表現をするのですが、これは分析の仕方が違う為です。

フィボナッチ・ゾーンで買い場となってる他、過熱感を表すRSIやストキャスティックスも底値圏からクロス転換してきています。

フィボナッチ・リトレースメントでも直近の高安値12月1-31日を結ぶと38.2%戻し達成となっていて、この辺りはテクニカルのサポートが密集しているゾーンです。

安全を取るなら1時間足などで底固めを確認してロングを取るほうが良さそうですが、私はすでにロング建てしています。

あとは昨日のポンド円戦略も今朝成行でショートを追加。
しかし、イメージと少し違う形で引けてた為ポジション量はいつもの半分に抑えています。

雇用統計前で少し動きが出にくいでしょうが、テクニカルサインが転換するまで現在のポジションはホールドします。

それでは!

♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter

■ 私のポジションは・・・
オージー/ドルのロングポジション追加
ポンド円のショートを追加


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(5/21)
AUD/JPY ショート 77.41(9/9)
AUD/JPY ショート 81.62(11/4)

USD/JPY ショート 85.45(9/15)

EUR/JPY ショート 108.30(12/28)

GBP/JPY ショート 127.89(1/5)→新規ポジション

EUR/CAD ショート 1.3175(12/28)

USD/CAD ショート 0.9972(12/31)

AUD/NZD ロング 1.3136(1/3)

AUD/USD ロング 1.0024(1/5)→新規ポジション



最後まで読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加しています♪
応援1クリックお願いします。更新の励みになります<(_ _)>
    コチラ
    ↓↓↓ 
banner22.gif

おまけに、どれか1つだけでも「もう一押し!」していただけると嬉しいです♪
更新の励みになります。
         コチラ
         ↓↓↓ 
にほんブログ村 為替ブログへ88x31_01.gif外為ランキングFXランキングFXランキング
posted by jaguar at 21:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2012年より前の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする