お知らせ

収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜


FXトレーディングシステムズ × FXで勝利の音色を奏でよう♪
タイアップキャンペーン

レポートの概要はこちらのまとめていますので、良ければご参照ください。
→ 収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜


FXトレーディングシステムズ


転機となった2012年

2012年07月03日

♪ インタビュー記事掲載! → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 




ロビンスカップで1,000%の利益を上げたラリーウィリアムズの書籍が全面改訂され7月に発売されるみたいです。
ラリー・ウィリアムズの短期売買法 【改定第2版】
かなり多くのトレーダーがバイブルとなった一冊として紹介しているもので、どんな内容になるのか楽しみです。


こんにちは。jaguarです。
この記事は10:58分から更新しています。

久しぶりの更新になります。
最近ブログの更新がないので、
「とうとうコイツもマーケットにやられたか。。(⌒∇⌒)ノ""フリフリ」
と皆さん思っているでしょう。

更新をストップしている理由は敗れ去った訳ではありません。
前から時々記事にもしていましたが、今はブログを更新する時間を削って研究に没頭している状況です。

何故、今までの手法や分析法があるのにそこまで研究しているのか?

それは、取引スタイルと言いますか、分析法などの考え方が根本的に変わってきたところが理由です。
 1.テクニカルのみでは限界がある。
 2.注文執行について
大きな理由はこの2点です。

昔インタビューをお受けした時の内容を記事冒頭にリンクを貼っていますが、昔はテクニカルのみでファンダメンタル等を一切無視した手法でかなり成功していました。
基本はトレンドフォロー戦略だったので、特に2007〜2008年のボラティリティが高い相場では調子が良かったのですが、その後の低ボラティリティではブレイクアウト戦略が不調に陥り、その後はリトレースメント手法を主にやりながら相場観に基づいて取引するようになりました。

今の取引スタイル(相場観を形成しながらテクニカルベースの取引)でも成功していける自信はあるのですが、
この先5年後、10年後となると果たして本当に勝っていけるのか?


時代はどんどんと情報化してきていますが、私が今感じている事は、これから先特に必要になるのは情報処理能力になってくるのではないかと考えています。

時代の流れと逆行して、私は5年後、10年後になるにつれどんどんと脳は衰退していくばかり。
専業でやっていく以上、失敗は一度もゆるせない状況で、今の取引スタイルだと身体、メンタルの負担は大きなものになります。

将来の事を考え、これから必要となると考えている分野の勉強と研究に没頭している状況です。
日頃からマーケットの研究はしていたのですが、今年はかなり追い込んでやっていますので、取引回数も少なくなってきています。
今は最優先で環境を整える事に集中しています。

このブログは1〜2ヵ月後ぐらいからまた再開したいなと思っていますが、今までのような相場予測の内容になるかはわかりません。

基本的には公開日記というスタイルのブログなので、相場予測や分析法など自由に更新していこうかなと考えています。
過去の記事も一旦すべて消去するかもしれません。

今年でFXは7年目になりますが、2012年は大きな転機となりました。
今の調子で頑張りたいと思います。

それでは!




下記、私のレポート(55ページ)ではブログでは書いていない内容を執筆しています。主に・・
 ・ 有効なトレード手法についての考え方
 ・ 同じ手法でも収益を拡大させる方法(資金管理法とは別)
 ・ ユーロドルの短期ブレイクアウト手法
 ・ 有効なトレード手法を考えるのに抑えておくポイント

巷には研究しても時間の無駄になるような考え方がたくさんあります。時間は有限です。
このレポート内容を身につければ無駄な研究に時間を費やす事なく、
少なくとも年間収支でマイナスは避けられるようなものだと自負しています。

♪ 収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜レポートタイアップ!
レポートの詳細はこちらを→収益拡大の法則とトレードの成功法則
FXトレーディングシステムズはスプレッドを更に縮小しています。
 ・USD/JPY → 0.3銭
 ・EUR/JPY → 0.8銭〜1.2銭
 ・EUR/USD → 0.5pips〜0.9pips
FXトレーディングシステムズ


♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter
posted by jaguar at 11:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2012年より前の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜

2012年03月15日

この度「FXトレーディングシステムズ」さんからタイアップのお話をいただき、
レポート「収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜」(55ページ)にまとめました!


前作好評だった「CCI-4時間足手法」では手法に特化した内容でしたが、今回は手法、相場に対する考え方など幅広くレポートにまとめました。

♪ 収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜
常勝トレーダーのある共通点とは? 常識を覆す理論がここに・・・

web用.jpg


私はFXをはじめて今年で7年目になりますが、これまでかなりの時間を費やして様々な研究をしてきました。

相場という世界には多くのトレーダー、研究者、アナリスト等が持論を主張して、正しい答えはなく非常にノイズの多い玉石混交の世界です。

例えば、書籍やセミナー等でよく耳にするフレーズ「損小利大のトレードを心がけよう!」とありますが、果たして、これを実践した人全員が勝てるようになるのでしょうか?

おそらく、結果が改善しないトレーダーは勝率を高める為にフィルターを追加する事もあるでしょうし、1つ2つルールを破った自分を攻めてメンタルのせいにする事もあると思います。
では、これらmyルールをパーフェクトに守れば果たして収益が改善するのでしょうか?
そもそも、この手法に優位性があるのでしょうか?

「3勝7敗」のAという手法と、「3勝7敗」のBという手法で、過去成績が良い手法でもAは思ったように利益がでないのに、Bは優位性が保たれ収益を上げ続ける事はあります。
それは何故でしょう?

こういった点を考えず、損小利大の手法を構築しようとしても、おそらく思ったような結果にはならず大切な時間、お金を失い続ける事だと思います。

では、トレーダー全員の共通目標である収益を上げる為には、何を追求しなければいけないのか?

今回のレポートでは、私が無駄な研究を費やした経験から「勝ち組トレーダー」になる為の指南書のようなものだと自負しています。

そして、手法の分野では、私が短期ブレイクアウト戦略で使用している手法をご紹介しています。
下記、損益曲線です。

♪ 【短期ブレイクアウト】EUR/USD
Image1.png


ただし、このレポートで真摯に伝えたい部分は短期ブレイクアウト手法ではありません。

この手法はとても有効なんだ!これを使用すれば勝てるようになるから、みんなで勝ちましょう!
といった内容ではないので、そういった部分を期待しているのであれば、このレポートは期待外れになるでしょう。

手法というものは通用しなくなればそこで終わりですが、本レポートでは収益を上げる為に必要な部分を執筆しているので、各自トレーダーにとって「本当の技術」が身につくものだと確信しています。

そして、私を含め多くの方が目標としているであろう「爆発的な利益」!
これを達成する為には必ずリスクを取らなければいけません。リスクなしで達成する事は不可能です。

世間一般的に言われているものとは反しますが、私はリスクを取るべきだと考えています!
無闇矢鱈にリスクを取ればもちろん破産は確実ですが、ある局面にきた場合はリスクを取って勝負するべきです。
では、このリスクを取る局面とは一体どういった場面なのか?

リスク管理の部分は賛否両論あると思うので賛同できない方も多いかと思いますが、トレードで収益を上げ続ける為に必要な思考法などに関して何かしらの示唆を与える事ができると思います。

本レポートの内容を身につければ、少なくとも年間収支でトントンをキープ、もしくは年間収支がプラスになってくるでしょう。

本レポートを切っ掛けにトレード技術向上となれば幸いです。

♪ 詳細はこちらでチェック!
  ↓ ↓
FXトレーディングシステムズ × FXで勝利の音色を奏でよう♪ タイアップキャンペーン
FXトレーディングシステムズ


 ○目次
・ はじめに
・ 3人の投機家の結末
・ マーケットは死の樹海
・ 誘惑し歓楽の魔境へと誘い込む
・ 常勝トレーダーの共通点「相場観」
・ 自分が使用している手法を検証する大切さ(狭いストップの罠)
・ 友人との会話
・ 週末に精神の神降臨
・ 本当に機能するフィルターとは?
・ FX参加者には【マゾヒスト】が多い??
・ 罫線屋、エリオット職人の見果てぬ夢
・ バランスorアンバランス
・ システムトレードと相場観の融合
・ 短期手法の検証結果について考察
・ オーバートレードは本当に悪なのか?
・ 短期トレードで回転を効かせる魅力
・ スキャルピングにとって18.18%の厚い壁
・ 果たして損小利大でなければいけないのか?
・ トレンドフォローが活きる場
・ 1勝9敗でも勝てるトレードは無意味
・ インサイドデイ−ブレイクアウト手法
・ 勝負にでるべきポイント
posted by jaguar at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年より前の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スティーブ・ジョブズ氏や松下幸之助から学ぶ事。

2011年11月04日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけると更新の励みになります。。
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

Image4.png


こんばんは。jaguarです。
この記事は19:03分から更新しています。

ボリンジャーバンドについて私の考えを記事にしてみました!
良ければご覧ください。
http://jaguar5150.seesaa.net/article/230980679.html



昨日はECBのサプライズ利下げや他の材料でユーロドルは乱高下。
昨日はデイトレードをやっていて前半調子が良かったのですが、巻き込まれて結局payout。

まぁ今の相場は明確な方向もない為、収益を上げる事よりも相場観を構築する為にマーケットに参加して怪我をしない事が目的です。

今日はこの後マーケット注目のNFP(nonfarm payroll)ですが、この指標も昔みたいには動かないイベントとなっているのでそこまで意識していません。

とりあえず今日はリスクを大きく取って勝負したりせずに、来週の相場イメージを立てるためにチャートを見るぐらいにします。


 ○ クローズアップ現代 今週の1本 世界を変えた男 スティーブ・ジョブズの素顔

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00397/v09972/v0991200000000543696/?list_id=1089607


先月5日に逝去されたスティーブジョブス氏が10年前にNHKへ出演した時の動画。

特に印象に残ったフレーズは、

新しい事を始めるときに、一番大事な事はそれを成し遂げたいという情熱です。
夢を実現できるか否かは途中で諦めるかどうかにかかっています。
必要なのは強い情熱なんです。



企業は人なり」で有名な実業家、松下幸之助も、
成功する秘訣は・・成功するまで諦めない事や!



トレーダーも成功するまでの道のりは困難ですが、がむしゃらに頑張るだけでなく情熱を傾け諦めない事が大切なのかなと思います。



♪ 「CCI-4時間足手法」レポートタイアップ!
ツイッターで配信中のCCI-4時間足手法をレポートにしました。
こちらに「CCI-4時間足手法」の成績をまとめています!→CCI-4時間足手法=Weekly成績




TD=トム・デマーク氏は現代最高のテクニカルアナリストと称されポール・チューダー・ジョーンズ、ラリーウィリアムズからパートナーとしても声がかけられたという人物です。

日本では1冊だけ書籍が翻訳されていますが、内容が非常に解り辛いらしいですが、
今月下旬にパンローリング社からTD-シーケンシャルについての解説DVDが発売されるみたいなので、興味のある方は参考にされてみてはどうでしょう。

このDVDは先月ジョーディポリ氏が来日された時の会場セミナーの内容で、個人投資家で有名なバカラ村さんのセミナーもDVD化されるみたいです。

DVD 勝者の手法でマーケットの転換点をつかめ

DVD 新しいダイバージェンス 高い確率に賭けるFXトレードの実践



それでは!


♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter


■ 私のポジションは・・・
ドル円 ロング決済= ネットショートへ傾け
ケーブル 手仕舞い= 一目均衡表.クラウド&SMA89がサポート濃厚?
ユーロドル 手仕舞い= 日足でテクニカルサポート散見 
キウイドル 建値で手仕舞い= 長期ロングポジション残し
 
※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 84.56(8/3)
AUD/JPY ショート 76.62(10/11)

USD/JPY ショート 79.97(8/4)
USD/JPY ロング 77.16(9/9)→成行 79.23 +207pips(10/31)

EUR/USD ショート 1.3811(8/15)→成行 1.3828 −17pips(11/1)

GBP/USD ショート 1.5960(10/25)→成行 1.6010 −50pips(10/31)

NZD/USD ロング 0.7750(9/29)
NZD/USD ショート 0.7839(10/11)→リミット 0.7839 +0(11/3)

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)
posted by jaguar at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年より前の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィボナッチ研究の第一人者ジョー・ディナポリ来日セミナー

2011年09月17日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけると更新の励みになります。。
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

ツイッターで配信していたCCI-4時間足手法を使用した毎週結果を記事にしています。
良ければご覧ください。



フィボナッチを使用した手法をレポートにしました。
内容は「フィボナッチ・ブレイクアウト手法」/Method編
〜小さなリスクで最大のリターンを狙う♪〜

web用.jpg

誰でも無条件でダウンロードできるので、良ければご覧ください。
 ● ダウンロード → フィボナッチ・ブレイクアウト手法


おはようございます。jaguarです。
この記事は11:50分から更新しています。

フィボナッチ・トレーダーとして著名な「ジョー・ディナポリ氏」が来日セミナーをされるそうです。


【フィボナッチ研究の第一人者ジョー・ディナポリ来日セミナー】
高確率で収益を得るトレードスタイルの確立
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=2011153800001

開催日時:2011年10月16日(日)12:00〜18:00(予定)

講師:ジョー・ディナポリ氏
通訳 兼 テクニカルサポート:成田博之

会場:新宿NSビル 3階西ブロック305
    (東京都新宿区西新宿2-4-1)

受講料:138,200円 → 早期割引 98,000円(93,334円円+税)〜9月30日(金)まで〜

お申し込み期限:10月10日(月)

【参加特典】
・ディナポリツールが利用できるデモアカウント(サザインベストメント社からのご提供)
・参加者のみのサポート掲示板
・プライベートで開催されるワークショップスタイル勉強会への優先案内(開催未定)
・10月15日(土)開催「賢人の提言 攻めと守りのFXトレード戦略セミナー」にご招待



♪ 「CCI-4時間足手法」レポートタイアップ!
ツイッターで配信中のCCI-4時間足手法をレポートにしました。
こちらに「CCI-4時間足手法」の成績をまとめています!→CCI-4時間足手法=Weekly成績


それでは!


♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter


■ 私のポジションは・・・
ドル円 ロング 先週末のNY時間にまたロングを建てました
ユーロドル ショート
ユーロポンド ロングを手仕舞いしてネットショート


※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 84.56(8/3)
AUD/JPY ショート 80.26(8/10)

USD/JPY ショート 79.97(8/4)
USD/JPY ロング 77.16(9/9)→新規ポジション

EUR/USD ショート 1.3811(8/15)→新規ポジション

EUR/GBP ロング 0.8733(8/8)→成行 0.8783 +50pips(9/16)
EUR/GBP ショート 0.8799(9/2)

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)



下記、書籍タイアップです。

♪ 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術プレゼント
数多い投資書籍の中でもこの一冊はお勧めです!
伝説のトレード集団タートルズは手法に注目されがちですが、巧みなポジションサイジングに秘訣があると思います。
posted by jaguar at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年より前の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検証の日々

2011年09月02日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけると更新の励みになります。。
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

ツイッターで配信していたCCI-4時間足手法を使用した先週の結果を記事にしています。
良ければご覧ください。
先週の「CCI-4時間足手法」のトレード結果。チャート付(8/21)



こんばんは。jaguarです。
この記事は18:21分から更新しています。


今晩は注目のNFPですね。
休暇明けの欧米勢の1発目指標という事もあり9月のNFPは要注意と言われている方もいます。


指標発表までおとなしいマーケットとなるかと思っていたらユーロが軟調でスイスがまたまた大暴れ。
スイスロングのポジションを持っていましたが、結局損切らされた格好となっています。

唯一ポンドスイスのショートが残っていて先ほど手仕舞いましたが、みっともないトレードとなりました。


最近はデイトレも少し控えて日々検証していますので、ブログも少し内容が薄くなっています。。
また落ち着けばいつも通りに更新したいと思っています。


さてその検証内容ですが、自分の取引手法や色々なトレードアイデアを検証していてレポートタイアップとなっている「CCI-4時間足手法」も少しルールを加えたりしています。

まだ検証段階なのですが、追加ルールを加えると収益カーブが良くなり今後は私もこのルールで運用する予定です。

ある程度ルールが固れば、レポートタイアップをお申し込みされた方には、追加レポートとして配布させていただきたいと考えています。
もちろん、条件なしに無条件です。


配布方法や時期などが決まりましたら、当ブログで告知したいと思います。


♪ 「CCI-4時間足手法」レポートタイアップ!
ツイッターで配信中のCCI-4時間足手法をレポートにしました。
こちらに「CCI-4時間足手法」の成績をまとめています!→CCI-4時間足手法=Weekly成績



それでは!


♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter


■ 私のポジションは・・・
スイス円 ストップ 一目均衡表の雲下限抜けでストップとなりました
オージードル ショート
ポンドスイス 手仕舞い
ユーロポンド ショート

※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 84.56(8/3)
AUD/JPY ショート 80.26(8/10)

USD/JPY ショート 79.97(8/4)
USD/JPY ロング 76.80(8/10)

CHF/JPY ロング 96.42(8/26)→ストップ 93.85 −257pips (8/29)

AUD/USD ショート 1.0700(9/1)→新規ポジション

EUR/GBP ロング 0.8733(8/8)
EUR/GBP ショート 0.8799(9/2)→新規ポジション

GBP/CHF ショート 1.2940(8/22)→成行 1.2642 +298pips(9/2)

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)



下記、書籍タイアップです。

♪ 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術プレゼント
数多い投資書籍の中でもこの一冊はお勧めです!
伝説のトレード集団タートルズは手法に注目されがちですが、巧みなポジションサイジングに秘訣があると思います。
posted by jaguar at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年より前の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする