お知らせ

収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜


FXトレーディングシステムズ × FXで勝利の音色を奏でよう♪
タイアップキャンペーン

レポートの概要はこちらのまとめていますので、良ければご参照ください。
→ 収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜


FXトレーディングシステムズ


アンケート(システムトレード・運用方法について)のご協力をお願いします

2017年05月26日

システムトレード・運用方法について、アンケートを設置しました。

Research.jpg
アンケート(システムトレード・運用方法について)


下図は、googleで「システムトレード」と検索した2004年〜2016年までの時系列データになります。

word-system.png

検索結果数=人気度
と定義してみると、2007年のサブプライム・ショックをピークに人気は低下傾向となっていますね。

ですが、これは「システムトレード」だけでなく「デイトレ」で調べてみても2006年1月にピークをつけた形となり「システムトレード」より若干早いですが、ほぼ同じ形状になっています。

皆さんはシステムトレード経験者?



こういった図を見ていて、ふと思ったのですが、システムトレーダーはトレーダー人口のうち何割ぐらいなのでしょう?

私の周りではトレードやっているけどシステムトレードをやっていない人がもちろん多数派で、その理由は様々です。

そして、システムトレードやっていたとしても、

「ミラートレーダーのような選択型シストレか」

「EAを購入しているのか?」

「自分でプログラム組んで運用している割合はどれくらいなのか?」

「システムトレードで運用されている方は、どのような方法、言語を使って運用しているのか?」

「システムトレードをやっていない理由は、何でかな?」

とスタイル、理由が違うと思います。
そこで、システムトレードの経験が「あり」「なし」どちらか?
主な分析ツールは?など、皆さんのトレードスタイルの状況を知りたくてアンケートを設置しました。

アンケートの集計結果は、ある程度サンプル数が溜まった時点で記事にして皆さんとシェアしたいと思っています。
反応が少ないと企画倒れとなりシェアできないので是非ご協力お願いします。

それと、アンケートの目的がもう1つあります。

その目的は、現在新しくサイトを準備中なのですが、そのサイトの内容を考えている状態です。
「FXで勝利の音色を奏でよう♪」では相場観を鍛える為、結果論ではなくテクニカル分析を元に、これからの相場展開を予測する内容でした。
過去のチャートを引っ張りだして「ここは〇〇テクニカルのサインが出てました!」と説明をする事は誰でも出来ますからね。

新しいサイトではシステムトレードを主にしたサイトになる予定で、皆様からいただいたアンケートの内容も反映させていきたいなと考えています。

アンケートの所要時間は5分未満です。
よろしければ、ご協力よろしくお願いします。
※アンケート結果内容の精度向上の為に、googleアカウントログインが必須となります。回答はお一人様、1回のみとなります。 個人情報を特定する事は出来ないのでご安心ください。

Research.jpg
アンケート(システムトレード・運用方法について)



デューカスコピー・ジャパン
スイス銀行が親会社で、独自の取引システム”JForex”で自動売買ができます。
posted by jaguar at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替以外のマーケット分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック