お知らせ

収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜


FXトレーディングシステムズ × FXで勝利の音色を奏でよう♪
タイアップキャンペーン

レポートの概要はこちらのまとめていますので、良ければご参照ください。
→ 収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜


FXトレーディングシステムズ


簡単!!ウォルフ波動の探し方!見極めのコツは「フラッグ」

2014年05月16日

昔使っていた分析法を紹介したいと思います。
※はじめに断っておきますが、私は現在こういった分析でトレードはしていません。

ウォルフ波動を知らない方は、まずはこちらの記事をご覧ください。
→ 「ウォルフ波動」損小利大の究極手法!(MT4インジケータ付)


フォーメーション分析の一つウォルフ波動というのがありますが、
これは下記書籍でリンダ・ラシュキ氏が紹介されて有名になりました。

魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門
魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門

→ リンダ・ラシュキ氏のサイト → http://teamlbr.blogspot.jp/


ウォルフ波動の勝率を簡単に高める為には



ウォルフ波動に関して、他の方のブログなど見ていて思う事は「強引な見方をしてラインを引っ張っているな」と思う事が多々あります。

それもそのはず。
ウォルフ波動の形を探すのは一苦労で、無理矢理にあてはめてウォルフ波動形成中と判断して失敗するケースは私自身も多々ありました。

しかし、ある事を意識しだして、ウォルフ波動の精度を高める事ができるようになりました。

その答えはフラッグです!


ウォルフ波動はフラッグとほぼ同じ!



私がウォルフ波動を探すのに意識していたポイントは下記2点。

 1.下落(上昇)トレンドであること。
 2.フラッグ形成中

特にフラッグ形成中というのがポイントです。

巷で言われている法則として、
下落トレンドが一旦保ち合いに入った時は、フラッグを形成する!と言われています。
(上昇トレンドではペナント)

トレンドの保ち合いでは私も昔はそのように感じていましたが、
少し訂正するなら、
 ・どの通貨ペア(チャート)でも下落トレンドではフラッグを形成する。

といった定義ではなく、下記のように意識していました。
 ・リスク回避の時に強くなる通貨(CHFやJPY)が強くなっている相場トレンドはフラッグを形成しやすい!

これは簡単な話で「上昇はゆっくりで下落は速い。」と言われているように、リスク志向が強い時には、投資家の買いが徐々に集まり、リスク志向が弱い(VIXなどが高くなった場合など)時は今まで買っていた投資家が一斉に逃げるのが背景にあり、下降トレンドでは戻りも鈍く、ペナントのような持ち合いにはなりにくいという事です。

クロス円などが大きく下落している時によく聞く「戻りが鈍い」というヤツです。
商品や株だと話は簡単なんですけどね。

フラッグでウォルフ波動を探す!



さて、そのウォルフ波動を探すポイントですが、例として下図のようなチャートがあるとします。

【上昇トレンド】
flag-chart.png

例では上昇トレンドにしていますがこの図のペアは【リスク回避/リスク志向】だとします。
このようなチャートを見た時にテクニカルアナリストは下記のようにラインを引いて説明すると思います。

【フラッグ】
flag.png

フラッグは6番目の波動で短期的に切り下がっている下降ラインを上抜くと言われていますが、それを模式図にしました。

さて、このチャートの視点を変えて見てみると、ウォルフ波動になります。








【ウォルフ波動】
ウォルフ.png

フラッグを見つけるのは簡単ですが、ウォルフ波動は少し難しくて、意味のない持ち合いでも、ウォルフ波動形成中といった視点で見てしまいがちです。

ですが、フラッグと関連付けて探してみると比較的簡単に発見できます。

ちなみに、フラッグ≒チャネルとウォルフ波動の関連付けた視点で2009年04月27日に記事しています。
ユーロ・ドル!2つのシナリオ!下降チャネルVSウォルフ波動!?
http://jaguar5150.seesaa.net/article/118152295.html



//++-------------------------------------------------
FXトレーディングシステムズ × FXで勝利の音色を奏でよう♪ タイアップキャンペーン
FXトレーディングシステムズ

 ○目次
・ はじめに
・ 3人の投機家の結末
・ マーケットは死の樹海
・ 誘惑し歓楽の魔境へと誘い込む
・ 常勝トレーダーの共通点「相場観」
・ 自分が使用している手法を検証する大切さ(狭いストップの罠)
・ 友人との会話
・ 週末に精神の神降臨
・ 本当に機能するフィルターとは?
・ FX参加者には【マゾヒスト】が多い??
・ 罫線屋、エリオット職人の見果てぬ夢
・ バランスorアンバランス
・ システムトレードと相場観の融合
・ 短期手法の検証結果について考察
・ オーバートレードは本当に悪なのか?
・ 短期トレードで回転を効かせる魅力
・ スキャルピングにとって18.18%の厚い壁
・ 果たして損小利大でなければいけないのか?
・ トレンドフォローが活きる場
・ 1勝9敗でも勝てるトレードは無意味
・ インサイドデイ−ブレイクアウト手法
・ 勝負にでるべきポイント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック