お知らせ

収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜


FXトレーディングシステムズ × FXで勝利の音色を奏でよう♪
タイアップキャンペーン

レポートの概要はこちらのまとめていますので、良ければご参照ください。
→ 収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜


FXトレーディングシステムズ


【TDポイント&スイングチャート】トレンドの判定法!!

2012年05月11日

こんばんは。jaguarです。
この記事は20:05分から更新しています。

今日は久々に相場観の記事ではなくトレードテクニックについて更新したいと思います。

最近はTDシーケンシャルを検索して当ブログに訪れる方が多いので、同じデマークネタとしてTDポイントをご紹介したいと思います。

ちなみにデマークの最高傑作と称されるシーケンシャルについて ↓
 ・「TDシーケンシャル&TDコンボ」サイクルの転換を掴む分析法!


今回ご紹介するトレンド判定法は移動平均線やADXといったインディケーターを使用する物ではなく、バー(ローソク足)の形状に注目します。

TDポイントは突出した高値安値



まず両側の安値より最も安いバーと逆に両側の高値より最も高い高値に注目。
下記画像をご覧ください。

【オージー/ドル】日足
TDポイント
※画像はクリックで拡大できます。

要は突出した高値や安値に注目するのですが、この箇所にポイントを置いて後は「ダウ理論」で分析していきます。

前回の高値ポイントや安値ポイントを更新し続ける限りトレンドは継続と判断して、その方向へラインを引っ張ります。
先ほどの画像からラインを引いたのがこちら。

スイングチャート
※画像はクリックで拡大できます。

この画像を解説すると、2本前のバーの安値を抜けてきているので、今日の足が確定すれば今日の最安値までラインを引く形になります。

そして、上昇転換となる反転ポイントは1つ前のバーが両側より最も高い高値となっているので、次のバー以降にこの高値を抜けてくれば上昇転換、逆にここを抜けない限りはラインは下へ引っ張りトレンドは下方向継続と判断。

ここまではマーケット・ストラクチャー・トレンドリバーサルの小勢と同じ概念ですが、ここからTDポイント独自の見方を説明します。


「マーケット・ストラクチャー・トレンドリバーサル」を使用した実践的なトレード法はラリー・ウィリアムズの「ラリー・ウィリアムズの短期売買法 【改定第2版】」で解説されています。ラリー・ウィリアムズの短期売買法 【改定第2版】
ラリー・ウィリアムズの短期売買法 【改定第2版】

大きなトレンドを描くTDポイント!



上記の判断方法ではあまりにもトレンド転換が早すぎて騙しが多くなるのはイメージできると思います。

なので、もう少し大きな流れを判断するのに使用するのがTDポイント

注目するのは、先ほどと同じ突出した高値や安値。

そして、この高値や安値がどこまで影響力があるのか判定するのに、両サイド何日間の間で最も高い(安い)のか?
これを判定するのに突出したポイントの両サイドを見ていきます。


TDポイント 判定
※画像はクリックで拡大できます。

先ほどのポイントが数字に変わりましたが、この数字の意味は
両サイド○日間の間でも最も突出したポイント」となります。

トレーダーであれば画像を見ればわかりますが、数字が大きいポイントは感覚的にも注目している高値や安値ですよね?

これを定義づけたのがTDポイントとなります。

さて、先ほどはトレンド判定法として突出したポイントに注目していましたが、今度はもう少し大きな流れ、メイントレンドを判定したいと思います。

このTDポイントを見ればわかりますが、数字が小さいポイントはあまり意識される所ではありません。

なので、数字が低い部分は無視して3以上が意識されるポイントとみて、そこからラインを引き直してみると・・

マーケット・ストラクチャー・トレンドリバーサル

先ほどより大きなトレンドを描く事ができました。
このチャートから最近のオージードルの下落を説明すると、直近高値9をつけた辺りではトレンド判定は上昇ですが、その後価格が下がり直近の安値TDポイント6を抜けた事でトレンドは下降と転換します。

そして、同時に少し前のTDポイント16も同時に抜けてきていますが、このポイントの数字が高ければ高い程突出された高値か安値なので、影響力は大きいとみます。

ここでは6と16を抜けてきたので完全にトレンドは下降と判断して、そのトレンドは今現在も継続中です。

では、この下降が上昇に変わるポイントはどこか?



しばらくは上側に3以上のTDポイントが示現しそうにないのですが、仮に今日急上昇するような事がおきて、直近高値9を抜けてくれば上昇転換とみます。

なので、まだトレンドは下降と判断しますが、仮にここから保ち合いに入り時間が経過すると、TDポイント3以上がどこかで形成されるので、今度は先ほどの9ではなく、新たに形成された3以上のポイントを抜けた所が上昇転換となります。

言うまでもありませんが、この数字が大きいポイントが注目する点であり、
考案者トム・デマークはこのポイントを、
マグニチュードが高いポイント」とよんでいます。

さて、このTDポイント1以上と5以上のトレンド転換を比較すると、下記画像になります。
Image6.png
※画像はクリックで拡大できます。

左がTDポイント5以上で右がTDポイント1以上です。

これを実践で使用するならTDポイント3〜5以上をメイントレンドとして、TDポイント1でタイミングを計り、どちらも同方向に傾けばエントリーしていくようなトレンドフォローで使用するのが良いのではないかと思います。


そして、2つを重ねたのがこちら。

Image8.png

これで見ると、現在のAUD/USDは下降トレンドでありTDポイント1の小トレンドも下降なので、トレンドフォロー派であればショートで攻める相場になります。

ちなみに、この部類の手法に興味があれば、こちらのギャン 神秘のスイングトレード 摂理に基づいた短期売買のタイミングをお勧めします。

著者は「新マーケットの魔術師」に登場するトレーダー、ロバート・クラウス氏の書籍になります。
フィボナッチ・ゾーンなども考案した方ですが、この書籍ではTDポイントとは別の方法で「スイングチャート」という方法でトレンドを判定して具体的なポジションの建て方やストップのつけ方などが解説されています。基本的な見方は同じ。
(解説DVDも付いているので解りやすい)

個人的にもストップのつけ方が勉強になりました。

ギャン 神秘のスイングトレード 摂理に基づいた短期売買のタイミング


「マーケット・ストラクチャー・トレンドリバーサル」を使用した実践的なトレード予測をした記事はこちらになります。
ドル円=マーケットストラクチャートレンドリバーサル&TDシーケンシャルからの分析


それでは!


下記、私のレポート(55ページ)ではブログでは書いていない内容を執筆しています。主に・・
 ・ 有効なトレード手法についての考え方
 ・ 同じ手法でも収益を拡大させる方法(資金管理法とは別)
 ・ ユーロドルの短期ブレイクアウト手法
 ・ 有効なトレード手法を考えるのに抑えておくポイント

巷には研究しても時間の無駄になるような考え方がたくさんあります。時間は有限です。
このレポート内容を身につければ無駄な研究に時間を費やす事なく、
少なくとも年間収支でマイナスは避けられるようなものだと自負しています。

♪ 収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜レポートタイアップ!
レポートの詳細はこちらを→収益拡大の法則とトレードの成功法則
FXトレーディングシステムズはスプレッドを更に縮小しています。
 ・USD/JPY → 0.3銭
 ・EUR/JPY → 0.8銭〜1.2銭
 ・EUR/USD → 0.5pips〜0.9pips
FXトレーディングシステムズ

♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter



ボリンジャーバンド特集?
ボリンジャー氏の新しい指標「BBインパルス、BBモメンタム、BBトレンド」を使用したDVD。
MT4用のインディケーターも付属のようです。
・ DVD 開発者だけが知るボリンジャーバンドの統合的なアプローチ
DVD 開発者だけが知るボリンジャーバンドの統合的なアプローチ

ボリンジャーバンドの考案者「ジョン・ボリンジャー氏」のセミナーがDVD化されるみたいです。
・ DVD ボリンジャーバンドの新パターン
DVD ボリンジャーバンドの新パターン

他にもブルベア大賞受賞者 バカラ村さんのセミナーもDVD化されるみたいです。
プログラムを見るとこちらもボリンジャーバンドについて解説されてるみたいですね。
・ DVD ブルベア大賞受賞者 バカラ村氏出演セミナー
DVD ブルベア大賞受賞者 バカラ村氏出演セミナー







■ 私のポジションは・・・
ポンド円 ロング追加 CCI手法でロングサイン点灯
ポンド円 手仕舞い 1時間足で一旦下落しそうな為
ポンド円 ロング追加 CCI手法でロングサイン点灯中の為
ドル円 ロング追加
ユーロオージー ショート追加
ポンド円 ロング利食い 
ドル円 ロング利食い 
 
※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 76.62(10/11)
AUD/JPY ショート 78.40(11/30)

USD/CAD ショート 0.9849(4/25)

GBP/USD ロング 1.6029(4/20)

GBP/JPY ロング 128.80(5/7)→成行 129.33 +53pips(5/8)
GBP/JPY ロング 128.97(5/8)→成行 129.08 +11pips(5/10)

USD/JPY ロング 79.84(5/8)→成行 79.91 +7pips(5/10)

EUR/AUD ショート 1.2811(5/8)→新規ポジション

TRY/JPY ロング 51.31(11/1/31)
TRY/JPY ショート 45.64(3/12)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック