「ピット・ブル」マーティン・シュワルツ

2011年11月08日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけると更新の励みになります。。
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

Image4.png



こんにちは。jaguarです。
この記事は11:01分から更新しています。


今週は窓明けスタートからスイスが主役ですね。
2011年9月6日の記録的なSNB介入後、スイス絡みには手をだしていません。

窓明けからスイス下落が続きポンド/スイスはすでにフィボナッチ・ゾーン(weekly)のレジスタンスゾーン2へ到達。

しかし、2008年から顕著なスイス高が続いていた中、今年後半からのSNB-methodは歴史的快挙でしょう。
SNBの指揮者ヒルブランド氏は元々大手のヘッジファンド在籍者で、あの時の介入はオプションなども駆使して執行したらしいです。

今回のBOJ/日銀介入もSNBと同じmethodで行われる?(行われている?)との事ですが、ここからのドル円は見物ですね。
(上値は限定的と見ていますが・・)

今の所78円台を維持しようと割れた所にはbidが入っているようですが、そこから反転して短期サイクルが上向きになった時に上値をどこまで伸ばして、また下落してくるのか。

上値がどんどんときり下がってくるよう、ディセンディング・トライアングルのような形を示唆すれば、77円、76円回帰も時間の問題。

今の所日足チャートを見ても、介入翌日から高値は切り下がっているが、今日はどこまで上値を伸ばせるか?

  ↓

【ドル円】日足
Image1.png
※画像はクリックで拡大できます。


♪ 「CCI-4時間足手法」レポートタイアップ!
ツイッターで配信中のCCI-4時間足手法をレポートにしました。
こちらに「CCI-4時間足手法」の成績をまとめています!→CCI-4時間足手法=Weekly成績




さて、今日は日足スパンでの取引アイデアもないので、久しぶりに書籍を紹介したいと思います。

♪ ピット・ブル

ピット・ブル


■ 入院中(2011年)に読破した一冊。
マーティン・シュワルツはマーケットの魔術師で紹介されている一人ですが、
はじめは10年間負け続けそこから魔術師へと成長していくプロセスが描かれた自叙伝。

ストーリー自体面白く、トレーダーであれば共感できる部分がいくつもあり非常に参考になります。

「金持ちの罫線屋は見たことがない」というやつらのことをいつも笑っているよ。素晴らしい言い草だよ。傲慢で馬鹿げた考えだ。私は9年もの間ファンダメンタルでやっていたが、罫線屋として金持ちになったのだ

相場書籍の中では金額も低くコストパフォーマンスが高い一冊だと思います。


それでは!


♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter


■ 私のポジションは・・・
変更なし
 
※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 84.56(8/3)
AUD/JPY ショート 76.62(10/11)

USD/JPY ショート 79.97(8/4)

NZD/USD ロング 0.7750(9/29)

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)
posted by jaguar at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック