「ポンド」のショートカバー警戒!短期ではロング目線!CRB index−ウォルフ波動となるか?

2011年09月27日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけると更新の励みになります。。
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

ツイッターで配信していたCCI-4時間足手法を使用した毎週結果を記事にしています。
良ければご覧ください。



フィボナッチを使用した手法をレポートにしました。
内容は「フィボナッチ・ブレイクアウト手法」/Method編
〜小さなリスクで最大のリターンを狙う♪〜

web用.jpg

誰でも無条件でダウンロードできるので、良ければご覧ください。
 ● ダウンロード → フィボナッチ・ブレイクアウト手法


おはようございます。jaguarです。
この記事は8:08分から更新しています。

昨日はgoldが大きく下げてSMA200に接触する場面もありましたが、引けにかけて上昇となり下ヒゲをつけた格好。
NYダウも上昇となり通貨市場の方も下ヒゲが目立ち、ここからショートはしたくない形になってきましたね。

CRB indexも下落が続いていますが、この付近からサポートもあり「ウォルフ波動」の4波動終了となり最終5波動になる展開をイメージしています。

【CRB-index】週足
Image1.png
※画像はクリックで拡大できます。


市場全体で少し雰囲気が変わってきたので、短期的にはカウンタートレードも考えながら取引したいと思いますが、今気になるがポンドのIMMポジションが急激にショートへ偏っている事。

ポンド円が史上最安値を更新したのは先週水曜日ですが、IMMポジションの数値は火曜日クローズ時点のもので現在の数値を推測するとショートが増加しているように思えます。

この投機筋のショートポジションは実需と違いどこかで買い戻さないといけません。(手仕舞い)
ポンド円は史上最安値を更新して一服、ケーブルも若干底が固くなり他のドルストレートペアを見ても下ヒゲが目立ち短期的には反発がきそうな形となります。

これを見ると、ショート筋は更に追撃でショートするより手仕舞いに移ってくるのではないでしょうか。


またテクニカル的にもTD-シーケンシャルのセットアップカウントが完了するかは今日の終値次第。

【GBP/JPY,GBP/USD】日足
Image2.png
※画像はクリックで拡大できます。


♪ 「CCI-4時間足手法」レポートタイアップ!
ツイッターで配信中のCCI-4時間足手法をレポートにしました。
こちらに「CCI-4時間足手法」の成績をまとめています!→CCI-4時間足手法=Weekly成績


♪ ポンド円は「22」、ポンドドルは「26」でカウント終了となるか!短期デイトレであれば安値圏でカウンターロング戦略!逆張りリスクを恐れるなら少なくともショートは戻りを待ちたい場面!
ポンド円とポンドドルの日足チャートです。
先月下旬から下落が顕著でしたが、ようやく下落の勢いが減衰しているサインがでています。

それはTD-セットアップのカウント完了です。

まだカウントは完了となっていないですが、ポンド円=118.49、ポンドドル=1.5497を今日の終値が高く引ければ完了となります。

TD-シーケンシャルと違い、セットアップは大きなトレンド転換を示唆するのではなく小トレンドの転換のサインと捉えますので、ここから大きく反転上昇というサインではなく下落トレンドの中のサイクルが上方向に転換するという認識で見ておいた方がよいでしょう。

以上の事から週足では今週陽線を形成するイメージをしているので、週足で陰線を形成中=昨日の始値以下で推移していればロング目線といった感じでトレードすると思います。

さて、これがどこまで上昇するかというと、価格だけでなく時間の経過も見ておいた方がよいので、日足でEMA21に接触する、または短期間のパラメーターであるオシレーターの買われすぎサインでも良いでしょう。

例えばストキャスティックスで言えば13-3-3といったスローストキャスではなく5-3-3のストキャスを使用するといった物でも良いかと思います。
後はフィボナッチ・リトレースメントを併用。

完全カウンタートレードとなるので、逆張りリスクを取りたくない方であればリトレースメント「戻り売り」を待ちたい場面だと思います。

昨日の記事で書いた「キウイドル」も今日から短時間足を見ながらロングポジションを建てたいと思います。
こちらは長期ポジションなので、2.3回にわけてロングします。


トレンドとサイクルについて、私の無料レポートで簡潔に執筆しています。
是非ご覧いただければと思います。
 ● ダウンロード → フィボナッチ・ブレイクアウト手法


それでは!


♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter


■ 私のポジションは・・・
ユーロポンド リミットまで後わずかで反転されたので成行で手仕舞い

※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 84.56(8/3)

USD/JPY ショート 79.97(8/4)
USD/JPY ロング 77.16(9/9)

EUR/USD ショート 1.3811(8/15)

EUR/GBP ショート 0.8773(9/23)→成行 0.8671 +102pips(9/26)

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)



下記、書籍タイアップです。

♪ 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術プレゼント
数多い投資書籍の中でもこの一冊はお勧めです!
伝説のトレード集団タートルズは手法に注目されがちですが、巧みなポジションサイジングに秘訣があると思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック