先週の「CCI-4時間足手法」のトレード結果。(5/14)

2011年05月14日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけるのなら、右列上から3番目にあります!
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

こんばんは。jaguarです。
この記事は20:10分から更新しています。

CCI-4時間足手法を使用した先週の結果です。

♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜
CCI‐4h_Method.jpg


この手法を詳細に執筆したレポートは現在タイアップキャンペーンとなっていて、口座をお申し込みでゲットできます。

既にレポートをゲットされている方は私の記録と照らし合わせみてください。

さて、先週の取引結果です。
・6戦=4勝2負
・339(勝pips)− 85pips(負けpips)= +254pipsの利益。
・年間ベース(2011年)= +737pips


昨年の8月23日から「CCI-4時間足手法」を運用していますが、現在の獲得pips推移グラフはこちらになります。

【CCI-4時間足手法】2010年8月13日〜 損益pipsグラフ
Image1.png
※画像はクリックで拡大できます。


巷にあるような高勝率、高リターンといった夢のような結果ではないですが、今のところは好調な結果となっています。

他の手法などを批判する訳ではないですが、こういった結果だからこそ真実味があるのではないでしょうか?

高勝率、高リターンの手法はカーブフィッティングの可能性もあり、いざ運用をはじめると過去10年間の最大ドローダウンを更新・・
よく耳にする話です。

あまり爆発的な伸びではないですが年間ベースでプラスになる手法であれば運用する価値はあると思います。

この手法は出口戦略(ストップ、リミット)まで曖昧にしていないので、このレポートを読まれた方はほぼ同じ結果になります。

初心者の方をはじめ、経験が長いトレーダーの方で手法のバリエーションを増やしたい方など幅広く納得していただける内容だと自負しております。

ルールの構築方法についても参考になるかと思いますので、是非この機会にレポートをゲットされてみてください。


♪ 詳細はこちらでチェック!
  ↓ ↓
アイディーオー証券 × FXで勝利の音色を奏でよう♪ タイアップキャンペーン


【下記レポートの全体図です】



♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter

それでは。


■ 私のポジションは・・・
変更なし
※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 81.62(10/11/4)
AUD/JPY ショート 82.30(3/11)
AUD/JPY ショート 81.80(3/14)

USD/JPY ショート 85.45(10/9/15)
USD/JPY ロング 82.56(1/21)
USD/JPY ロング 77.80(3/17)
USD/JPY ロング 83.92(4/12)

EUR/JPY ロング 115.47(5/10)

GBP/JPY ロング 133.13(5/3)

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)

EUR/USD ショート 1.3446(1/18)
EUR/USD ロング 1.3535(2/11)


下記新しい書籍タイアップとなります。

♪ 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術プレゼント
数多い投資書籍の中でもこの一冊はお勧めです!
伝説のトレード集団タートルズは手法に注目されがちですが、巧みなポジションサイジングに秘訣があると思います。

posted by jaguar at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック