お知らせ

収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜


FXトレーディングシステムズ × FXで勝利の音色を奏でよう♪
タイアップキャンペーン

レポートの概要はこちらのまとめていますので、良ければご参照ください。
→ 収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜


FXトレーディングシステムズ


CCI-4時間足手法〜Method編〜

2011年01月19日

※このタイアップは終了しました

このたびアイディーオー証券さんからタイアップのお話をいただき、
ツイッターで配信中の「CCI-4時間足手法」をレポート(54ページ)にまとめました!

使用するテクニカルはCCIをはじめ移動平均線やRSIを使用したシステマティックな手法なのですが、2010年3月22日にブログ記事にしたこちらの分析方法を発展させた手法となっています。

♪ 「CCI」2本重ねで得られるサイン!!そのA
http://jaguar5150.seesaa.net/article/144364392.html


手法が固まってなく、思いつきや何となくといった感じでルールが曖昧なままトレードをしていては、どんなにマネーマネジメントを工夫したところで将来の収益はプラスにはなりません。

変化するのは破産までのスピードだけです。

トレードで収益を上げる為には有効なトレードテクニックを会得する事は必須条件です。
このレポートではトレードの骨格となる「Method」すなわち手法に特化して執筆しました。

♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜
CCI‐4h_Method.jpg

【下記レポートの全体図です】
cci-4hmethod.png


実際に私自信2010年8月23日からこの手法でトレードをしていますが、
明確な売買ルールの手法をいくつも研究してきた中でも、今回の『CCI‐4時間足手法』は手ごたえのある手法です。

♪ 獲得pipsの推移グラフなどを掲載した過去記事はこちら → CCI-4時間足手法

この手法は裁量の余地がほとんどない為、初心者の方をはじめ手法が固まっていない方には、このトレードアイデアを取り入れる事によって技術が格段に上がる内容のレポートだと思います。

手法の内容としては押し目や戻り売りのポイントが簡単に判断できるので、
「CCI-4時間足手法」のルール通りの運用をしない場合でも、みなさんが裁量トレードをする際に買い時や売り時の判断に活用できるかと思います。

押し目買いや戻り売りを計るツールとしてメジャーなフィボナッチ・リトレースメントを併用した「裁量トレードとしての売買法」等もご紹介しています。


【下記フィボナッチ・リトレースメントを使用したレポートの一部です】
※画像をクリックして頂けるとPDFがダウンロードできます。
DL用PDF


トレード技術向上のきっかけになれば幸いです。

■ 私のポジションは・・・
変更なし

○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 77.41(10/9/9)
AUD/JPY ショート 81.62(10/11/4)

USD/JPY ショート 85.45(10/9/15)
USD/JPY ロング 82.40(1/17)

USD/CAD ショート 0.9972(10/12/31)

GBP/CHF ショート 1.5370(1/17)

EUR/USD ショート 1.3446(1/18)→新規ポジション
posted by jaguar at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年より前の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック