リクエストにお応えして!⇒「ポンド円」分析!

2010年11月23日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ 応援クリックよろしくお願いします! → 人気ブログランキング
                            にほんブログ村 為替ブログ
♪ FX初心者ランキング5〜10位にランクイン! → NO.1ブログランキング
♪ 最新オススメ書籍!(アイネットFX) → 「デイトレード」
♪ ツイッターで公開中の4時間足手法(CCI&PIVOT-MA)とは? → こちらをクリック!



こんばんは♪
この記事は22:23分から更新しています♪

昨日はブログ更新してから用事で出かけてチャートを見ていませんでしたが、ユーロ下がりましたね。

先週から保有しているユーロスイスは利が200pips出ていましたがストップにかかってしまいました。
SMA200まで到達すると思ってましたが、反落ですねぇ。

ユーロドルは先週末の記事に週初下落する(サイクルが下転換)イメージと書きましたが、
ショートを入れてて良かったです。

どこかのタイミングでショートを確定利益にしてネットロングに転換しようかと思っていましたが、1.33後半もありえそうですし、まだもう少しチャートの進行を見たいので様子見しています。

今週の戦略通貨ペアのオージードルは今日陰線となっているので、止まるポイントによっては絶好のロング場となりそうです。

まずは0.9750辺りの抵抗に注目です。
今日この辺りで引けて明日が値幅が少ない動きとなれば明後日からロング逆指値注文をセットして勝負できそうな感じです。

私が今見ている通貨ペアは上記の様な感じです。
短期では色々とイメージがありますが、多いので割愛します^^;

さて今日の分析ペアはツイ友の方からポンド円のリクエストをいただいたので分析をしてみたいと思います♪

【GBP/JPY】月足/週足/日足
Image1.png
※画像はクリックで拡大できます。

♪ フォレックス・ドットコムMT4
1,000通貨単位で自動売買が可能!!自動売買の入門業者としてかなりオススメです!チャート分析ソフトで最も有名なMT4で取引ができます。またMT4業者でクイック入金にも対応している業者はここだけです!
フォレックス・ドットコムMT4

ポンド円のマルチタイムフレーム分析です。

♪ 月足
大きな流れをまずは確認!
注目ポイントはADXがかなり高い位置にきているので、ここから戻りがどこまで入るかが注目です。
ただし、12ヶ月移動平均線の下で推移してまだ下値リスクは払拭されない状況。

ADXの高さ、RCIの反転上昇・・
反発上昇の際を示唆しているのかもしれませんが、その際のターゲットは141.19円でしょう!

♪ 週足
週足では去年の高値からの下降トレンドラインに注目していましたが、先週の陽線引けで抜けてきているように見えます。
またEMA21を2週続けて抜けてきているのでボリンジャーバンド+2σを目指した展開がイメージできます。

ただし、RSIを見ると黄色の横ラインが去年の後半からレジスタンスとなり戻り売りの急所ポイントとなっています。

上記の事からここは絶好の戻り売りのポイントなのか、または下降トレンドラインを抜けてボリンジャーバンド+2σを目指す展開になるのか、見極めるポイントなのでここは手出しできない・・
遅行スパンもローソク足に絡み付いていますし。

また今は取引を様子見していた方が良いサインがでています。

それは「NR7」!
 ※NR7とは過去7本の足のうち最も上下値幅が少ない時に出るシグナルです。

最近のポンド円は値動きが小さいと感じられている方も多いと思いますが、週足でみると過去7週間で最も値幅が少ないサインがでています。

ATRなどを見てもユーロ円の方が数値が高くてポンド円の方がボラティリティが少なかったりする事が最近は多いです。

 上記の事から
スイングスパンでは先週の上下値幅内に収まっている今は様子見が良いと思います。
RSI、トレンドラインなども違った方向へ示唆しているのでどちらがダマシのサインとなるか見極める必要があるからです。
またNR7のサインもでているので次の値幅拡大のブレイクポイントを捉える準備に徹するべきです。

 ○NR7の値幅ターゲットをみると・・
先週の上下値幅 (高値/134.20) − (安値/132.17) =上下値幅 203pips

上方ブレイクの場合
先週高値/134.20 + 203pips = 136.23

下方ブレイクの場合
先週安値/132.17 - 203pips = 130.14

となっています。

上方ブレイクの場合はチャートの経過と共に縮小傾向にあるボリンジャーバンドの+2σとほぼ同値になるのではないでしょうか?

週足で分析すると先週上下抜けについていくのも一手かもしれません。

♪ 日足
短期日足チャートです。

私が今注目しているポイントは一目均衡表の上限に密集している抵抗ポイント。
EMA21、SMA89と雲の上限が集まる132円付近を終値で抜けられるか?
ただし、上昇しても上にはSMA200があるのでそこが抵抗ポイント。

週足に続き、こちらでも上下に挟まれた方向感のはっきりしないレンジ示唆となっています。

私は様子見しますが、短めのスイングではEMA21のポイント反発が確認できればSMA200をターゲットにロングも良いかもしれません。

♪ 総合的に
どれくらいの時間軸を見るかによって戦略は変わりますが、週足の先週の高値安値を抜けるまでは様子見をして、抜ければ逆指値で追っかけるのではなく、そちらの方向へバイアスをかけて日足チャートで分析して入り口を探しエントリーするのが良いのではないかと思います。

と書いている間にポンド円が先週の安値を下方ブレイクしました。
しかし、日足の抵抗があるので突っ込んでショートはしたくないですね。

マルチタイムフレーム分析をしていると時間軸によって方向がバラバラの時、一致している時があります。
綺麗にどの時間軸も一致している時はかなりな確立でイメージ通りに動く事が多く、今回のようなポンド円の場合は思ったような値動きになりません。

というよりイメージしにくい。

チャートには色々な騙しが隠れていますが、マルチタイムフレーム分析はその騙しをいくらかフィルターをかけてくれますよ。

ロブ・ブッカー氏の11月発売の書籍に私のインタビュー記事も掲載されています!

超カンタン一点突破FX アメリカ最強の理論を極める

それでは!

♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter

■ 私のポジションは・・・
ユーロスイスがストップにかかりました。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(5/21)
AUD/JPY ショート 77.41(9/9)
AUD/JPY ショート 81.62(11/4)

USD/JPY ロング 88.10(09/10/7)
USD/JPY ロング 84.56(9/22)
USD/JPY ショート 85.45(9/15)
USD/JPY ショート 81.92(10/27)  

AUD/USD ショート 0.9610(10/5)
AUD/USD ロング 0.9724(10/19)

EUR/USD ロング 1.3570(11/18)
EUR/USD ショート 1.3750(11/22)→新規ポジション

EUR/CHF ロング 1.3385(11/16)→ストップ 1.3359 -27pips(11/23)

EUR/AUD ロング 1.3795(11/16)



最後まで読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加しています♪
応援1クリックお願いします。更新の励みになります<(_ _)>
    コチラ
    ↓↓↓ 
banner22.gif

おまけに、どれか1つだけでも「もう一押し!」していただけると嬉しいです♪
更新の励みになります。
         コチラ
         ↓↓↓ 
にほんブログ村 為替ブログへ88x31_01.gif外為ランキングFXランキングFXランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック