「ドル/スイス」明日の仕掛けとは?反発サインとなるか?

2010年08月03日

こんばんは!!              【インタビュー記事が掲載されました!】
br_decobanner_20100417221224.gif             「FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー」

この記事は23:29分から更新しています♪

今日海に泳ぎに行ってきたのですが、波がもの凄く荒かったんですよ。
ある程度泳いだ後、休憩中に岩場で座ってたら、たか〜い波にのまれて、波が引く力で宙返り?になりながら岩場の上で転がされましたw^^;

そのおかげで右手の人差し指が2センチぐらいパックリと切れて今でもヒリヒリしています。

自然の力は凄まじいですよね。
相場も自然と捉えて大きな波には逆らわないようにしましょ〜^^;

さて、今日はドル円がまたしても安値を更新してきました。

こうなってくると去年の最安値84.80円を割らないと気がすまないようなチャートに見えてきました。

そこで、どういった反応になるのか?下へ走らなければショートの連中が買い戻して下ヒゲとなるのか?

このポイントがどのように市場が反応するのか見届けたいです。
ドルに関して悲観的なコメントをよく見かけますが、85円台付近では中長期的にロングを考えています。

88.10のロングをもっていますが、更にロングを追加となりますね。
今は88.10のロングしか保有してないですが、このロングがあるおかげで○○○pips?は利益化しています。

ドル円だけ違う手法で運用してて、この付近ではショートしても短期売買しか考えていません。

さて、あと注目しているのがドルスイスです。

【USD/CHF】日足
jalaaafhgt.png
※画像をクリックして頂けると大きくなります。

ドルスイスの日足チャートです。

5月6月と凄まじい動きをしてて今は揉み合いとなっています。

ただテクニカル的には一旦反発のサインがでていて大きな上昇は期待できないですが、100−200ポイントは狙えそうです。

その反発のサインとは、RSIの連続ダイバージェンス、ADXの位置が高い、MACDのシグナル線との動向です。

特にMACDのシグナル線とMACDの乖離幅が狭くなってきてここからデッドクロスするのかまた乖離していくのかがポイント!

デッドクロスしそうで乖離していく時は勢いがつくケースが多いからです。

今日の足型は前日のローソク足と複合して見ると「孕み足」となっています。

明日ローソク足の形次第では今日の高値をトリガーとしてロング逆指値注文で勝負します。

もしかしたら成行に変更するかもしれませんが、今日のNYクローズまでは様子を見たい。

この辺りの短期的な相場観はツイッターでツイートしていますので良ければ見てください^^

inet2.png



○ポジション一覧(スイングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(5/21)
AUD/JPY ショート 76.90(7/22)

USD/JPY ロング 88.10(10/7)

EUR/USD ショート 1.2867(7/22)

USD/CHF ロング 1.0481(7/19)

USD/CAD ショート 1.0250(8/2)→新規ポジション


Image3.png



ランキングに参加しています♪
応援1クリックお願いします。更新の励みになります<(_ _)>
             コチラ
            ↓↓↓ 
にほんブログ村 為替ブログへbanner22.gif88x31_01.gif外為ランキングFXランキングFXランキング
posted by jaguar at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック