「ユーロ/ドル」マルチタイムのダイバージェンス&遅行スパンと雲の関係

2010年07月27日

こんばんは!!              【インタビュー記事が掲載されました!】
br_decobanner_20100417221224.gif             「FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー」

この記事は23:22分から更新しています♪

今日は為替のマーケットでNR7が多数でていました。

ツイッター
「おはようございます! 今日の為替市場は「NR7」が多数でているので前日の高値、安値に注目して逆張りでなく順張りに心がけた方が良いかもしれません。」
とツイートしていました。

結果は逆指値で勝負していれば利益がでている時間の方が多かったので、まぁ成功でしょう。
ただNR7の定義であるターゲット幅には到達していないですね。


今注目しているポイントは、
現状ドル円が上値を試しにきていて、この勢いで今日の終値が87.71を超えて引けれるかに注目しています。

ここを抜けてくると、下値は固くなってくるでしょう。

詳しくはこちらの記事をごらんください
「ドル円」87.56がトリガーポイント?市場心理はどうなるか?



【EUR/USD】日足/4時間足
lgfda.png
※画像をクリックして頂けると大きくなります。

最近お気に入りで使っているメタトレーダー4対応のMTFXです。
1番の魅力はシステムトレードのルール作りが簡単にできる
「EA Generator」というツールです。

使うテクニカルにチェックを入れて数値を入力するだけで、複雑なコードを書く事なく誰でも簡単にオリジナルのシステムトレードのルールができあがります^^口座を作れば無料で利用できますよ♪


今週注目通貨ペアであるユーロ/ドルです。

私のブログの週末記事で
今週は遅行スパンが雲の中に入り込んでくる為、遅行スパンが雲に対してレジスタンス&サポートとなる可能性が高いのではないかと思います。

と記事にしていましたが、今日はまさしく遅行スパンと雲の関係が影響している事がわかります。

ザラ場で遅行スパンが雲を抜けてくる事もありますが、本当に抜けているかは終値で確認します。

まさしく今日はザラ場で抜けてましたが、今は雲の中に納まっています。

日足で遅行スパンが雲を終値で抜けてこないだろうといったイメージが浮かべば、デイトレードで遅行スパンが雲を抜けて逆張りトレードといったのも有効なテクニックです。

さて、ここから上値の重たさが段々とテクニカルで表れています。

4時間足、日足でダイバージェンスがマルチタイムフレームで確認できるので、上値でロングはしたくないですね。

引き続きショート継続です。

更に日足のストキャスティックスが今日の終値しだいではショートのサインが出るかもしれません。

サインが出ればショート逆指値で勝負します!

これは明日ツイッターでお知らせします。

■私のポジションは・・・
変化なし。


それでは♪


○ポジション一覧(スイングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(5/21)
AUD/JPY ショート 76.90(7/22)

USD/JPY ロング 88.10(10/7)

GBP/USD ショート 1.5008(6/30)

EUR/USD ショート 1.2867(7/22)

USD/CHF ロング 1.0481(7/19)


Image3.png



ランキングに参加しています♪
応援1クリックお願いします。更新の励みになります<(_ _)>
             コチラ
            ↓↓↓ 
にほんブログ村 為替ブログへbanner22.gif88x31_01.gif外為ランキングFXランキングFXランキング
posted by jaguar at 23:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | テクニカル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもためになります。
ありがとうございます。

今日のチャートユーロドルではないですよー
Posted by ぽんぽん at 2010年07月28日 05:50
>ぽんぽんさん

はじめまして^^

ぽんぽんさんのコメントで気づきました。
ありがとうございます。

画像差し替えましたので、よろしくお願いします。
Posted by ギター少年(管理人) at 2010年07月28日 08:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック