神輿を担ぐ側になるな!

2010年07月13日

こんばんは!!              【インタビュー記事が掲載されました!】
br_decobanner_20100417221224.gif             「FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー」

この記事は22:44分から更新しています♪

今日の目立った最初の動向は円、ドル買いでクロス円など最初下押しでしたが、
今はショートカバーで切り替えして上昇しています。

本日のNYクローズでの終値が注目ですね。
このレベル付近またはNYでもう一段上昇となると下ヒゲの長い足型となり明日も底固く上値トライしやすくなりそうです。

しかし、ユーロ/ポンドの影響も含めてポンド強いですね〜
今週は全面的にドル買い方針(ポンド/ドルのショート、ドル/スイスのショート)で攻めているので、ポンドドルの上昇は痛いです。

【IMMポジション】
frerargarga.png
※画像をクリックして頂けると大きくなります。

最近お気に入りで使っているメタトレーダー4対応のMTFXです。
1番の魅力はシステムトレードのルール作りが簡単にできる
「EA Generator」というツールです。

使うテクニカルにチェックを入れて数値を入力するだけで、複雑なコードを書く事なく誰でも簡単にオリジナルのシステムルールができあがります^^口座を作れば無料で利用できますよ♪


IMMのポジションチャートです。

昨日の記事でも触れましたが、先週終わりにチェックしてみるともう一段円ロングが増えています。
(棒グラフ、「−」ゾーンが円ロング)


相場はファンダメンタルで動いている訳ではなく、テクニカルで動いている訳でもありません。

ポジションの傾きで動いているのです。

ポジションに傾きができるのは、人間がそれぞれの思惑等からポジションを建てる事により生まれます。

その思惑はファンダメンタルであったり、テクニカルであったり..etc

なので、IMMのポジション推移は小さなファンダメンタルより信頼性が高い情報だと思っています。

現状、このチャートからわかる事は円ロングに傾いているのが確認できるので、
クロス円は下がった所で追っかけてショートすると底値圏で掴まされる可能性があります。

■例えば!!
市場参加者が円を買ってるのにクロス円があまり下がらない。(ドル円ショート)
そうなってくると、円ロング(ドル円ショート)をしている人の心境は・・・
時間が経過してもあまり下がらず、同じレベル付近で毎回跳ね返り反発してくるなぁ。
一旦ポジションを手仕舞おう(ドル円ショート決済=ドル円の買い戻し=ロング)
となります。


上記の背景を例えると、重〜い神輿を担いでいる人が次々と逃げているような感じになり、
最後に残った人は押しつぶされます。(ショート保有者の損切り)
早めに逃げた人は軽傷で済みますが最後まで粘った人は死にますね。

こうならない為にも相場は神輿を担ぐ人より常に神輿の上に乗っかってる側にならないといけません。

ですが相場は難しいもので乗っかってるつもりが実は幻想で、実はもう一段上に乗っかってる
人がいて自分は担いでいる事になってたりします。

なので常に冷静な目で自分は担がされてるのか、担いでいるのかを確認しシナリオも臨機応変に軌道修正する必要があります。

特に短期のデイトレードとなると5分後には相場観が180℃変わったりなんて事もしばしば。

粘らないといけない局面ももちろんありますが、すぐに負けを認める事も大事です。

トレーダーには永遠の課題でしょうね。

長くなりましたが、上記の事から今週はクロス円が下がっても逆張りにロングでデイトレ勝負しています。

短期のチャートでショートする事もありますが、保有時間は短くしています。


■私のポジションは・・・
変化なしです。


それでは♪


○ポジション一覧(スイングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(5/21)

USD/JPY ロング 88.10(10/7)

GBP/USD ショート 1.4725(6/15)
GBP/USD ショート 1.5008(6/30)

USD/CHF ロング 1.0551(7/12)→新規ポジション


Image3.png



ランキングに参加しています♪
応援1クリックお願いします。更新の励みになります<(_ _)>
             コチラ
            ↓↓↓ 
にほんブログ村 為替ブログへbanner22.gif88x31_01.gif外為ランキングFXランキングFXランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック