お知らせ

収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜


FXトレーディングシステムズ × FXで勝利の音色を奏でよう♪
タイアップキャンペーン

レポートの概要はこちらのまとめていますので、良ければご参照ください。
→ 収益拡大の法則とトレードの成功法則〜3つのM編〜


FXトレーディングシステムズ


RSIをボリンジャーバンドで測定方法!その2(移動平均線でも測定)

2009年08月24日

こんばんは!!

今日はクロス円が堅調な推移となっていますね。
特にドルが強いですが、この流れはあまり続かないと見ているので、
短期的にですがドル円は95円台からは断続的にショートを入れて勝負を考えています!!

さて、今日は久々にテクニカル分析の紹介をしたいと思います^^

去年の11月に「RSIをボリンジャーバンドで測定方法!」と
記事にしましたが、今日はまた別の方法でRSIにボリンジャーバンドを重ねてみたいと思います。

この方法は他にも移動平均線なども重ねたりできるので、色々と応用が利くと思います^^
チャートシステムは愛用の「MT4(MetaTrader4)」です。

それでは順を追って説明したいと思います。

●まず普通にRSIを表示させます。

●そして、そのRSIの上にボリンジャーバンドを引っ張ってきます。

MT4 設定
※画像をクリックしていただけると大きくなります。

●その次にボリンジャーバンドのプロパティ画面がでてきますが、
その中の「適用価格」を「First Indicator's Date」へ変更します!

MT4 設定2
※画像をクリックしていただけると大きくなります。

●ここまでするとRSIの画面にボリンジャーバンドが表示されていると思います^^

あとはお好みによってRSIの設定値やボリンジャーバンドの設定値を変更してみてください♪

ちなみに表示させるとこんな感じになります!

RSIをボリンジャーバンドで測定
RSIをボリンジャーバンドで測定
※画像をクリックしていただけると大きくなります。

設定値は・・
・ボリンジャーバンド 期間21 偏差値2σ
・RSI 期間14 (+70−30にライン表示)
・RSI測定ボリンジャー 期間21 偏差値2σ


と基本的な設定値です!





【投資戦略フェア2016】
FX専業トレーダーの人気講師バカラ村さんの新作DVDが発売されるみたいです!
バカラ村
バカラ村さん | DVD FX短期トレードテクニック 【投資戦略フェア2016】

さや取りで有名な羽根さんも昨年に続き今年もDVD発売!
羽根英樹
羽根英樹さん | DVD 東証マザーズの活用 アノマリーと新興市場の売買





パッと見た感じレンジ相場ではRSIがボリンジャーの2σライン到達時に逆張りをすれば良さそうですが、これではRSIをわざわざボリンジャーバンドで見る必要がなくローソク足とボリンジャーバンドで判断すればよいですが、
トレンドが発生している所ではRSIをボリンジャーバンドで測定しているからこそ得られるサインがあります。

それは、RSIが+70 or −30ライン到達後、更にボリンジャーバンド 2σ到達で仕掛けるといった方法です。

画像の左側を見ると、ローソク足とボリンジャーバンドの関係だけで見ると、常に−2σに接触した状態なのでロングし続けないといけません^^;

ですが、RSIとボリンジャーバンドの関係を見ると仕掛ける場所はRSIの過熱感(−30ライン)&ボリンジャーバンドの2σラインの逆張りダブルサインがでます!

これは逆張りエントリーのサインとしても見れますが、順張りエントリーで過熱感を計る為のサインでもあります!

その他にもこういった測定方法もあります!


RSIを移動平均線で測定
RSIを移動平均で測定チャート
※画像をクリックしていただけると大きくなります。

こちらの設定値は・・
・ボリンジャーバンド 期間21 偏差値2σ
・RSI 期間14 (+70−30にライン表示)
・RSI測定移動平均線 期間21 EMA


さっきのボリンジャーバンドのやり方で私は使った事ないですが、
こちらのRSIをEMA21で測定する分析はデイトレで利食いの参考程度に使用したりしています。

このチャートの見方は簡単にEMA21より上に推移しているなら「ブル」下に推移しているなら「ベア」と判断しています。

トレンド発生して順張りでポジションを持っているときEMA21をRSIがまたいだら決済の参考にしたりします。

他にもエントリーの参考として・・
1時間足で上昇トレンドと判断でロング狙いとします。
そして5分足では急落して押し目買いを狙っているときにEMA21をRSIが上抜いたらロングといった感じです。

他にもRSIにトレンドラインを引いて判断したりもします。


今日紹介した方法は基本的な例なので、このままではもちろんダマシによくあいますので注意してください^^;

あとは色々なテクニカルと総合判断したり組み合わせたりして取引環境を作成してルール作りをしてみてください♪








○ポジション一覧(スイングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(1/16)
EUR/CHF ロング 1.5165(8/20)
USD/JPY ショート 95.00(8/24)→新規ポジション
EUR/GBP ロング 0.8690(8/24)→新規ポジション
GBP/CHF ショート 1.7443(8/24)→新規ポジション


●テクニカル分析について記事にしています!良ければ見てください♪
「一目均衡表について」

ジョン・ボリンジャー氏が使っている手法
「RSIをボリンジャーバンドで測定方法!」


「CCI」相場サイクルを考慮したテクニカル!

テクニカルの使い分けは?今はトレンド相場?
1本の線で分析力が上がるテクニカル「ADX」!


ウォルフ波動とは一体!?(MT4インディケータ付)

ランキングに参加しています♪
応援1クリックお願いします。更新の励みになります<(_ _)>
             コチラ
            ↓↓↓ 
にほんブログ村 為替ブログへbanner22.gif88x31_01.gif外為ランキング
ブログ村為替続きを読む
【トレードテクニック(手法?)の最新記事】
この記事へのコメント
こんばんは!

昨日のドル円ショートお見事でした!戻りが自分の予想より少なかったので私はエントリー出来ませんでした(泣)

ユーロポンド、ポンドスイスもブレイクしトレンドが出ましたね〜^^こちらも流石です!!

RSIなどにボリンやMAを表示させる方法はとても興味深く拝見させて頂きました。ストキャやMACDなどにも嵌め込み出来るんですね〜!面白そうです。ところで移動平均線の嵌め込みが出来ないのですがMT4既存のインジケーター使用ですか?



Posted by ルフィー at 2009年08月25日 23:49
>ルフィーさん

こんばんは〜^^

普段見ているテクニカルに移動平均線やボリンジャーを重ねて分析してみると面白いですよね!

重ねている移動平均線はMT4標準の物を使っています!
出来ないですか??
どうしてでしょうね〜。

左ナビゲーターウィンドウの中から
「罫線分析ツール」内の
「Moving Average」をRSIなどの上に引っ張って、
あとはプロパティ画面で「適用価格」を「First Indicator's Date」へ変更すればOKなはずです^^

この方法で色々と重ねて見てたりするのですが、あまりパッとする組み合わせはないんですよね。。

何か良い組み合わせなど発見がありましたら教えてください♪
Posted by ギター少年(管理人) at 2009年08月26日 01:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック