逆指値注文のポイント!

2009年06月05日

こんばんは!

さて本日の戦略は!?
ランキングのポジションをチェック!

今日は雇用統計予想以上に強い結果でドルが買われましたね。
少しバタバタで更新します^^;

今朝の戦略通り今日はペナントの下値支持線割れでショートで見ていたのですが、
雇用統計前まで動きがなく様子見状態でした。

発表後は、「97.24円超えからは戦略を180℃変えロング逆指値注文を入れて〜」と言ってた注文がヒット。

その注文は98.50円にリミットを引いていたのですが、98円を
抜けても思ったより加速しなかったので落ちてきた所で決済しました♪

【USD/JPY】4時間足
00fdaaf.jpg
※画像をクリックしていただけると大きくなります。

この「97.24円」を超えたらテクニカルの状態は
MACD上昇=買いサイン
ADX上昇=トレンド示唆
遅行スパン=好転
CCI=買いサイン
という形になるはずです。

今朝書いていたとおりの形となっていますね^^

今のテクニカル状態を確認しながら取引するのも良いですが、
この水準まで来るとテクニカルはどう変化するのか?
と先の動きをイメージしていると逆指値注文のポイントが見えてくると思います!


私も逆指値注文を始めたころは天井ロング、底値ショートを何回も経験しています。。

でも、ポイントがわかるようになれば含み損を見る事なく一気に利益が加速します!
私が今週(3日〜4日にかけて)取引した「ユーロ・オージー」がそうでした。

指値注文も一時期やっていたのですが私には難しかったです^^;
私の友人で指値注文のみで取引している方もいるので、人それぞれ利益を生み出す得意な形というのは違うのかもしれませんね。

要は自分にあった利益がでる取引手法であれば逆張りでも何でもOKなんだと思います。
私は「逆指値注文」が勝利への第一歩のカギでした。


それでは今日の雇用統計で各通貨ペアで状況が変わってきているので、
週末にでも来週の戦略を記事にしたいと思います!

それでは♪


通貨ペアでの強弱関係をいつも記事にされています!!
私がスイングポジションを持つときはほぼ「成行」ではなく「逆指値注文」を使います!
「逆指値注文」の素晴らしさに気づけたのはこの方のブログです!!
為替見習さんのブログへ→→人気ブログランキング1位へ



○ポジション一覧(スイングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(1/16)
USD/JPY ロング 97.38(6/5)→成行 97.92 +54pips(6/5)




●テクニカル分析について記事にしています!良ければ見てください♪
「一目均衡表について」

ジョン・ボリンジャー氏が使っている手法
「RSIをボリンジャーバンドで測定方法!」


「CCI」相場サイクルを考慮したテクニカル!

テクニカルの使い分けは?今はトレンド相場?
1本の線で分析力が上がるテクニカル「ADX」!


ウォルフ波動とは一体!?(MT4インディケータ付)

ランキングに参加しています♪
応援1クリックお願いします。
             コチラ
            ↓↓↓ 
にほんブログ村 為替ブログへbanner22.gif88x31_01.gif外為ランキング
ブログ村為替続きを読む



●私も愛用しているMT4(Meta trader4,メタトレーダー)で取引できる口座があります。
●ドル円のスプレッドも2PIPS〜
●FX以外にも原油、金なども取引できます。

今なら初回入金20万円以上+1回以上取引で総勢1,111名に抽選でプレゼントがあたるみたいです^^
・ipod shuffle 1,000名
・Sony VAIO 10名 ...etc

≪ODL Japan≫システム取引でFXするなら「メタトレーダー」
MT4は使いやすくチャート分析するにはかかせません。
あるルール作りをして自動売買もできます。いわゆるシステムトレードです。
この機会にMT4を使ってみては?虜になります!!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。