「ドル/カナダ」週足=遅行スパンに対して雲がレジスタンスとなるか?、日足ではTD-セットアップ「9」をカウント継続中!カウンター戦略!!

2011年09月30日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけると更新の励みになります。。
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

ツイッターで配信していたCCI-4時間足手法を使用した毎週結果を記事にしています。
良ければご覧ください。



フィボナッチを使用した手法をレポートにしました。
内容は「フィボナッチ・ブレイクアウト手法」/Method編
〜小さなリスクで最大のリターンを狙う♪〜

web用.jpg

誰でも無条件でダウンロードできるので、良ければご覧ください。
 ● ダウンロード → フィボナッチ・ブレイクアウト手法


こんにちは。jaguarです。
この記事は14:10分から更新しています。


昨日はNY時間にサプライズのNZ格下げして続いてトウキョウ時間にもS&Pが格下げしています。
キウイドルに牽引されてかドルストレートは軟調な展開となりユーロドルも下落。
日足に注目すると、この3日間1.3600台の上値の重さをヒゲが表現しています。

今私が注目しているのは、キウイドルが9月の安値を更新するのと、ユーロドルが昨日の安値を割れればもう一段の下落があるのかに注目しています。

仮に下落しても昨日建てたキウイドルは長期スパンで見ているので、時間の経過を見ながらロングポジションを更に追加していきます。
値幅だけでポジションは追加しません。(指値をオーダーしていない)

とりあえず、今日はドルストレートが下方ブレイクとなればデイトレで追随ショートしたい。

【USD/CAD】週足/日足
Image1.png
※画像はクリックで拡大できます。


♪ 「CCI-4時間足手法」レポートタイアップ!
ツイッターで配信中のCCI-4時間足手法をレポートにしました。
こちらに「CCI-4時間足手法」の成績をまとめています!→CCI-4時間足手法=Weekly成績




♪ 週足-一目均衡表「遅行スパンと雲の関係」でレジスタンスの急所となるか?日足でもTD-セットアップが「9」をカウント継続中でサイクル転換は近い!
こちらは先ほどショートを仕掛けたドルカナダのマルチタイムフレームチャートです。

ドルカナダはこの2年間、週足一目均衡表−雲がレジスタンスとなり緩やかに下落推移となっていましたが、ここ最近のドル買いで雲を貫通。

週足、日足ともにADXが上昇してこちらの通貨ペアでもドル買い示唆となっています。
(ただし、マーケットストラクチャートレンドリバーサルの中勢では下方スイング継続中)

さて、上昇示唆となれば基本はロング目線でいきたいところですが、日足を見ると1.0400付近には何かレジスタンスがあるような値動きとなっています。

そのレジスタンスは、週足の一目均衡表「遅行スパンと雲の関係」ではないかとイメージしています。

純粋に週足では「三役好転」となって強気を示唆していますが、遅行スパンに対して雲はサポート&レジスタンスになるケースは多いです。

ただ、これだけでリスクを取って勝負するのは危険なので、他に注目すると「遅行スパンとローソク足が乖離して変化がおきやすい地合」になっています。

ここ最近ではケーブルがこの現象でサイクルが反転しましたが、ドルカナダでも同様の事がおきるのではないかと思っています。

週足ではそろそろ反転がおきそうでもあり抵抗が確認できた所で、日足チャートに注目するとこちらでもTD-シーケンシャルのセットアップが「9」をカウント!
この半年、ドルカナダは「9」のポイントで見事にサイクルが反転しています。

つい最近のポンド円は「22」までカウントしたので、カウントが完了するまでは反転といえないのですが、週足の状況を考慮して早めの仕掛けとしました。
ただし枚数は少なめにしています。

ストップは1.0576
ターゲットは一応1.0150をみていますが、レポートのCCI-手法で使用するタイムストップで手仕舞う予定です。

それでは!


♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter


FXとは関係ない話ですが、気になったので下記アンケートご記入いただければ幸いです^^
ちなみに私は字幕派で投票!



■ 私のポジションは・・・
ユーロポンド リミットまで後わずかで反転されたので成行で手仕舞い
キウイドル ロング建て 
ドルカナダ ショート

※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 84.56(8/3)

USD/JPY ショート 79.97(8/4)
USD/JPY ロング 77.16(9/9)

EUR/USD ショート 1.3811(8/15)

NZD/USD ロング 0.7750(9/29)→新規ポジション

EUR/GBP ショート 0.8773(9/23)→成行 0.8671 +102pips(9/26)

USD/CAD ショート 1.0395(9/30)→新規ポジション

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)



下記、書籍タイアップです。

♪ 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術プレゼント
数多い投資書籍の中でもこの一冊はお勧めです!
伝説のトレード集団タートルズは手法に注目されがちですが、巧みなポジションサイジングに秘訣があると思います。
posted by jaguar at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ユーロドル&ポンドドル」フィボナッチ・ゾーン&EMA21のレジスタンス!

2011年09月29日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけると更新の励みになります。。
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

ツイッターで配信していたCCI-4時間足手法を使用した毎週結果を記事にしています。
良ければご覧ください。



フィボナッチを使用した手法をレポートにしました。
内容は「フィボナッチ・ブレイクアウト手法」/Method編
〜小さなリスクで最大のリターンを狙う♪〜

web用.jpg

誰でも無条件でダウンロードできるので、良ければご覧ください。
 ● ダウンロード → フィボナッチ・ブレイクアウト手法


こんばんは。jaguarです。
この記事は21:25分から更新しています。


昨日のNY時間はドルストレートが軟調な展開となり陰線引けとなりました。
キウイドルはロングを2.3回にわけてロングしようと考えていたので今朝1ポジション建てています。

しかし、今朝の日足を見ると今日は全体的にショート目線でしたが、円、ドル売りの展開ですね。

【EUR/USD,GBP/USD】日足
Image1.png
※画像はクリックで拡大できます。


♪ 「CCI-4時間足手法」レポートタイアップ!
ツイッターで配信中のCCI-4時間足手法をレポートにしました。
こちらに「CCI-4時間足手法」の成績をまとめています!→CCI-4時間足手法=Weekly成績




♪ 今日の終値に注目!EMA21が上方に位置している限り戻り売り目線!
今日はユーロ円、ポンド円、ユーロドル、ポンドドルなどID=インサイドデイ(孕み足)となっていましたが、ファーストアクションは下方突破となったものの現在は上方突破となっています。

今日の終値がどこの位置にくるかによりますが、前日または前々日の高値を超えて引ければショートはもう少し様子を見たほうがよいかもしれません。
(デイトレであれば利をあまり伸ばさずにショート回転ができるが)

ポンドは週足で今週陽線引けとなるイメージでしたが、この様子だとイメージ通りの値動きになりそうです。
あとは週末に更新されるIMMポジションがどのように推移しているか気になりますが、ショートがあまり減ってないようであれば来週もポンド売りは控えます。

とりあえずはこの後のNY値動きを見て終値をみてから次のアクションを考えたいと思います。
やるならユーロドルのショートを追加!

この付近はフィボナッチ・ゾーン(monthly)のサポートゾーン2やEMA21との乖離幅も縮小してきているので、そろそろ上値が重くなると思いますが。


それでは!


♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter


■ 私のポジションは・・・
ユーロポンド リミットまで後わずかで反転されたので成行で手仕舞い
キウイドル ロング建て 

※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 84.56(8/3)

USD/JPY ショート 79.97(8/4)
USD/JPY ロング 77.16(9/9)

EUR/USD ショート 1.3811(8/15)

NZD/USD ロング 0.7750(9/29)→新規ポジション

EUR/GBP ショート 0.8773(9/23)→成行 0.8671 +102pips(9/26)

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)



下記、書籍タイアップです。

♪ 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術プレゼント
数多い投資書籍の中でもこの一冊はお勧めです!
伝説のトレード集団タートルズは手法に注目されがちですが、巧みなポジションサイジングに秘訣があると思います。
posted by jaguar at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『捨てる』という作業は何度も起こる・・

2011年09月28日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけると更新の励みになります。。
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

ツイッターで配信していたCCI-4時間足手法を使用した毎週結果を記事にしています。
良ければご覧ください。



フィボナッチを使用した手法をレポートにしました。
内容は「フィボナッチ・ブレイクアウト手法」/Method編
〜小さなリスクで最大のリターンを狙う♪〜

web用.jpg

誰でも無条件でダウンロードできるので、良ければご覧ください。
 ● ダウンロード → フィボナッチ・ブレイクアウト手法


こんばんは。jaguarです。
この記事は23:03分から更新しています。


昨日は記事の通りイメージ通りの上昇となった一日。

ただ、上昇イメージだったけど一回下押しするかな?と思って下値で待ってたが、
すんなりと上昇されたのでキウイドルのロングは建てれず上昇されてしまいました。

まぁキウイドルは今週上昇していますが、このままスムーズに上昇せず再度下落してくるでしょう。
次に下落した時はダブルボトムになるのか?見極めながらポジションを建てていく予定。

キウイドルとは対極でユーロドルはそろそろショートを追加する予定です。

 ・同じドルストレートでロングとショートするなら「EUR/NZD」のショートすればよいのでは?

と思われる方がいるかもしれませんが、勝負するタイムフレーム≒横軸(時間)、縦軸(価格)のスケールが違うのでポジションサイジングも変わってきます。

ユーロドルは短期的にそろそろ上値試しも終了といった感じでしょう。
問題は次にサイクルが下転換してトレンドと同調した時に1.3300台を抜けて1.2000台へ突入するか?

またはダブルボトム的に1.3300台を死守して再度上昇してくるか?保ち合いとなるか?
一つのイメージに固執する事なく値動きに対して素直に行動したいと思います。
下値が堅いようであれば、ショートは全決済してロングに倍返しといった事も考えています。


【GBP/USD】日足
Image1.png
※画像はクリックで拡大できます。


♪ 「CCI-4時間足手法」レポートタイアップ!
ツイッターで配信中のCCI-4時間足手法をレポートにしました。
こちらに「CCI-4時間足手法」の成績をまとめています!→CCI-4時間足手法=Weekly成績




♪ ポンド/ドルは一目均衡表で遅行スパンとローソク足の関係を見ると綺麗な変化日というのが確認できる!
この画像は昨日ツイッターで流した画像です。

昨日はある編集の方から取材をお受けして「遅行スパンとローソク足の関係」についてお話しましたが、こちらのポンドドルは見本となる良いチャートとなっています。

遅行スパンの位置にあるローソク足を見ると、遅行スパンと足がかなり乖離しているのが確認できます。

これは何を意味するかというと、過去目立った高値から26日目付近に今現在経過しているという事で、26日目というのは一目均衡表の基本数値の変化日が訪れやすい日となっているという事。

他にも「9や33や76」といった数値もありますが、私が気にしているのは26日のみです。

あんまり色々なものを取り入れると毎日が変化日に見え始めどのようにでも解釈できる為、トレードで利益を上げるのが目的の人にとっては邪魔な情報です。(判断に迷いがでる)

逆に相場解説者など、アナリストにとっては完成されたチャートを元に、
「実は○ヶ月前の谷からカウントすると昨日は129日目にきてたんです!!
多少1日遅れて130日目に明確な安値をつけていますが、元々変化日は1〜3日はずれると言われていますからね〜」

と説明ができます。

相場解説者はリスクを取らないのに比べ、トレーダーは大切な身銭をそこにbetしないといけません。

もし、相場経験が浅い方がこの記事を読んでいるならセミナ−講師や相場解説者...etc、みんなが相場で収益を上げていると思ってはいけません。

「値動きを当てる=相場で儲ける」は別物で決して同じではありません。
チャートを研究するのはもちろん成績向上になりますが、このチャート研究で深入りすると本来の目的(収益を上げる)を見失う事があります。
その時は全く気づかないんですがね。。

今回取材を受けた機会に、過去を振り返って思いましたが「私もどれだけ無駄な時間を使ったか。。」

最後に新マーケットの魔術師で登場する「リンダ・ラシュキ氏」の名言。

●もちろん大変な仕事であり、長い長い道のりであり、捨て去るプロセスを経て学んでいくのは大変なことです。
自分のミスや、何が自分に合っていて何が合わないのか、という試行錯誤のプロセスの中で、
この『捨てる』という作業は何度も起こるのです。

●このトレードというビジネスで奇妙なのは、かなりゆっくりと徐々に利益を出せるようになること。
また最後まで持ちこたえられるよう毎月努力し続けることが必要だということです。
そしてある日突然、最もミステリアスな形で目の前の霧が晴れていくかのような感覚になります。
最も難しいと思われていたことが、かなりシンプルなことに思えてくるのです。
消し去るプロセスを経ながら、この事を学んでいきます。


新マーケットの魔術師


今日はいつもと違う記事になりましたが、たまにはこういったのもありですよね?

それでは!


♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter


■ 私のポジションは・・・
ユーロポンド リミットまで後わずかで反転されたので成行で手仕舞い

※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 84.56(8/3)

USD/JPY ショート 79.97(8/4)
USD/JPY ロング 77.16(9/9)

EUR/USD ショート 1.3811(8/15)

EUR/GBP ショート 0.8773(9/23)→成行 0.8671 +102pips(9/26)

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)



下記、書籍タイアップです。

♪ 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術プレゼント
数多い投資書籍の中でもこの一冊はお勧めです!
伝説のトレード集団タートルズは手法に注目されがちですが、巧みなポジションサイジングに秘訣があると思います。

「ポンド」のショートカバー警戒!短期ではロング目線!CRB index−ウォルフ波動となるか?

2011年09月27日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけると更新の励みになります。。
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

ツイッターで配信していたCCI-4時間足手法を使用した毎週結果を記事にしています。
良ければご覧ください。



フィボナッチを使用した手法をレポートにしました。
内容は「フィボナッチ・ブレイクアウト手法」/Method編
〜小さなリスクで最大のリターンを狙う♪〜

web用.jpg

誰でも無条件でダウンロードできるので、良ければご覧ください。
 ● ダウンロード → フィボナッチ・ブレイクアウト手法


おはようございます。jaguarです。
この記事は8:08分から更新しています。

昨日はgoldが大きく下げてSMA200に接触する場面もありましたが、引けにかけて上昇となり下ヒゲをつけた格好。
NYダウも上昇となり通貨市場の方も下ヒゲが目立ち、ここからショートはしたくない形になってきましたね。

CRB indexも下落が続いていますが、この付近からサポートもあり「ウォルフ波動」の4波動終了となり最終5波動になる展開をイメージしています。

【CRB-index】週足
Image1.png
※画像はクリックで拡大できます。


市場全体で少し雰囲気が変わってきたので、短期的にはカウンタートレードも考えながら取引したいと思いますが、今気になるがポンドのIMMポジションが急激にショートへ偏っている事。

ポンド円が史上最安値を更新したのは先週水曜日ですが、IMMポジションの数値は火曜日クローズ時点のもので現在の数値を推測するとショートが増加しているように思えます。

この投機筋のショートポジションは実需と違いどこかで買い戻さないといけません。(手仕舞い)
ポンド円は史上最安値を更新して一服、ケーブルも若干底が固くなり他のドルストレートペアを見ても下ヒゲが目立ち短期的には反発がきそうな形となります。

これを見ると、ショート筋は更に追撃でショートするより手仕舞いに移ってくるのではないでしょうか。


またテクニカル的にもTD-シーケンシャルのセットアップカウントが完了するかは今日の終値次第。

【GBP/JPY,GBP/USD】日足
Image2.png
※画像はクリックで拡大できます。


♪ 「CCI-4時間足手法」レポートタイアップ!
ツイッターで配信中のCCI-4時間足手法をレポートにしました。
こちらに「CCI-4時間足手法」の成績をまとめています!→CCI-4時間足手法=Weekly成績


♪ ポンド円は「22」、ポンドドルは「26」でカウント終了となるか!短期デイトレであれば安値圏でカウンターロング戦略!逆張りリスクを恐れるなら少なくともショートは戻りを待ちたい場面!
ポンド円とポンドドルの日足チャートです。
先月下旬から下落が顕著でしたが、ようやく下落の勢いが減衰しているサインがでています。

それはTD-セットアップのカウント完了です。

まだカウントは完了となっていないですが、ポンド円=118.49、ポンドドル=1.5497を今日の終値が高く引ければ完了となります。

TD-シーケンシャルと違い、セットアップは大きなトレンド転換を示唆するのではなく小トレンドの転換のサインと捉えますので、ここから大きく反転上昇というサインではなく下落トレンドの中のサイクルが上方向に転換するという認識で見ておいた方がよいでしょう。

以上の事から週足では今週陽線を形成するイメージをしているので、週足で陰線を形成中=昨日の始値以下で推移していればロング目線といった感じでトレードすると思います。

さて、これがどこまで上昇するかというと、価格だけでなく時間の経過も見ておいた方がよいので、日足でEMA21に接触する、または短期間のパラメーターであるオシレーターの買われすぎサインでも良いでしょう。

例えばストキャスティックスで言えば13-3-3といったスローストキャスではなく5-3-3のストキャスを使用するといった物でも良いかと思います。
後はフィボナッチ・リトレースメントを併用。

完全カウンタートレードとなるので、逆張りリスクを取りたくない方であればリトレースメント「戻り売り」を待ちたい場面だと思います。

昨日の記事で書いた「キウイドル」も今日から短時間足を見ながらロングポジションを建てたいと思います。
こちらは長期ポジションなので、2.3回にわけてロングします。


トレンドとサイクルについて、私の無料レポートで簡潔に執筆しています。
是非ご覧いただければと思います。
 ● ダウンロード → フィボナッチ・ブレイクアウト手法


それでは!


♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter


■ 私のポジションは・・・
ユーロポンド リミットまで後わずかで反転されたので成行で手仕舞い

※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 84.56(8/3)

USD/JPY ショート 79.97(8/4)
USD/JPY ロング 77.16(9/9)

EUR/USD ショート 1.3811(8/15)

EUR/GBP ショート 0.8773(9/23)→成行 0.8671 +102pips(9/26)

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)



下記、書籍タイアップです。

♪ 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術プレゼント
数多い投資書籍の中でもこの一冊はお勧めです!
伝説のトレード集団タートルズは手法に注目されがちですが、巧みなポジションサイジングに秘訣があると思います。

先週のトレード結果&今週の戦略!9/26

2011年09月26日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけると更新の励みになります。。
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

ツイッターで配信していたCCI-4時間足手法を使用した毎週結果を記事にしています。
良ければご覧ください。



フィボナッチを使用した手法をレポートにしました。
内容は「フィボナッチ・ブレイクアウト手法」/Method編
〜小さなリスクで最大のリターンを狙う♪〜

web用.jpg

誰でも無条件でダウンロードできるので、良ければご覧ください。
 ● ダウンロード → フィボナッチ・ブレイクアウト手法


こんばんは。jaguarです。
この記事は18:39分から更新しています。



○ 確定ポジション一覧(スキャル&デイトレ以外)
AUD/JPY ショート 80.26(8/10)→成行 75.38 +488pips(9/22)
EUR/GBP ショート 0.8799(9/2)→リミット 0.8676 +123pips

合計「+ 611pips」



先週はオージーの急落となり長期ロングポジションのヘッジショートを手仕舞い。
今回のオージーは70円割れも視野に入れていますが、この辺りは長期的にロング場と見ているので、この辺りではショートを外して利益を確定していきます。
後は、CCI-手法でユーロポンドを仕掛けてこちらも思惑通りの展開となり利食い。

週末に再度仕掛けていたショートも先ほど利食いしましたので、詳しくは記事最後のポジション一覧に記載しています。


さて、今週はキウイドルに注目!
9月22日に記事にしていたセットアップが整いつつあります。

【NZD/USD】週足
Image1.png
※画像はクリックで拡大できます。


♪ 「CCI-4時間足手法」レポートタイアップ!
ツイッターで配信中のCCI-4時間足手法をレポートにしました。
こちらに「CCI-4時間足手法」の成績をまとめています!→CCI-4時間足手法=Weekly成績


♪ 直近高値からの目標値、フィボナッチ・エクスパンション-OP値0.7691到達!週足サポートラインとも摩擦状態でストキャスティックスも加熱気味!
キウイドルの週足チャートとなります。

長期、週足チャートを見ると2009年から下値を切り上げた上昇トレンドを形成中が確認できます。
今日の下落によりサポートラインを若干下抜けてヒゲがでていますが、トレンドラインはある程度の方向性としてみているので、ここから反転して上昇となれば引きなおしとなります。

余談ですが、マーケットの魔術師で紹介された「ビクター・スペランデオ氏」の著書でトレンドラインの引き方について「1-2-3反転方式」という定義で書かれています。

著者によると「ほとんどの人が正確なトレンドラインの引き方を知らない」といわれています。
この書籍は主にファンダメンタルについて書かれていますが、1-2-3反転方式の部分だけでも読む価値はあると思います。

スペランデオのトレード実践講座


話は戻り、キウイドルは日足で見ると上値は切り下がり、直近高値からの3点からフィボナッチ・エクスパンションでターゲット値OP=0.7691となっていましたが、今朝の下落で到達。

また週足ではストキャスティックスが加熱ゾーンにきているので、下落もこの辺りで一旦止まるのではないかと思います。

マーケット・ストラクチャー・トレンドリバーサルの大勢ラインも上方向なので、この高値が決まれば長期見通しを変更しないといけないと思いますが、まだ現段階では上方向です。

しかし、これは週足ストラテジーとなるので値幅も大きく、時間も長く考えての戦略ですので、今すぐに反転といった事ではありません。

ターゲットは暫定的に0.9000台を目指して長期的にロングをどこかでキープしてみたいと思います。
仕掛けは日足チャートでセットアップが整えばエントリー!

今年の安値を割ったり、マーケット・ストラクチャー・トレンドリバーサルで大勢の高値が決まれば戦略を見直したいと思います。

それでは!


♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter


■ 私のポジションは・・・
ユーロポンド リミットまで後わずかで反転されたので成行で手仕舞い

※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 84.56(8/3)

USD/JPY ショート 79.97(8/4)
USD/JPY ロング 77.16(9/9)

EUR/USD ショート 1.3811(8/15)

EUR/GBP ショート 0.8773(9/23)→成行 0.8671 +102pips(9/26)

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)



下記、書籍タイアップです。

♪ 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術プレゼント
数多い投資書籍の中でもこの一冊はお勧めです!
伝説のトレード集団タートルズは手法に注目されがちですが、巧みなポジションサイジングに秘訣があると思います。