先週の「CCI-4時間足手法」のトレード結果。(8/6)

2011年08月13日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけるのなら、右列上から3番目にあります!
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

こんにちは。jaguarです。
この記事は14:05分から更新しています。

この記事は私の手法である「CCI-4時間足手法」を使用した先週の結果となります。

♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜
CCI‐4h_Method.jpg

この手法の詳細は現在タイアップキャンペーンとなっていて、口座をお申し込みでゲットできます。
既にレポートをゲットされている方は私の記録と照らし合わせみてください。


さて、先週の取引結果です。
・9戦=4勝5負
・278(勝pips)− 433pips(負けpips)= −155pipsの利益。
・年間ベース(2011年)= +1,421pips


今週はマイナスとなりました。
現在の相場は介入などが入ると短期的な勢いが継続するので「指値」的な感じで入るスタンスのこのCCI-4時間足手法は少し不得意な相場かもしれません。

ボラティリティも高いのでポジション数には気をつけてください。

今グラフをつけていて気づいたのですが、この手法をリアル運用しはじめてちょうど1年が経っていました。

当初は運用を続けながらルールを少しずつ変えていこうと思っていましたが、何も変更せずに1年間継続してこの結果なので満足しています。
来年8月には、もう一段の収益を期待して運用続けたいと思います!


【CCI-4時間足手法】2010年8月13日〜 損益pipsグラフ
Image2.png
※画像はクリックで拡大できます。


このグラフはCCI-4時間足手法の年初からの獲得pips推移カーブです。
グラフには金額が表示されていますが、毎回1万通貨(pipsと同じ)で取引した場合のカーブとなるので資金管理のロジックは加えていません。

グラフの0ラインから下に伸びているのが最大ドローダウンです。

来週への持ち越しポジションは・・
ユーロドル、ショート


巷にあるような高勝率、高リターンといった夢のような結果ではないですが、今のところは好調な結果となっています。
(2011/7/31時点 勝率:56% リスクリワードpips比率:0.97)

他の手法などを批判する訳ではないですが、こういった結果だからこそ真実味があるのではないでしょうか?

高勝率、高リターンの手法はカーブフィッティングの可能性もあり、いざ運用をはじめると過去10年間の最大ドローダウンを更新・・
よく耳にする話です。

あまり爆発的な伸びではないですが年間ベースでプラスになる手法であれば運用する価値はあると思います。

この手法は出口戦略(ストップ、リミット)まで曖昧にしていないので、このレポートを読まれた方はほぼ同じ結果になります。

初心者の方をはじめ、経験が長いトレーダーの方で手法のバリエーションを増やしたい方など幅広く納得していただける内容だと自負しております。

ルールの構築方法についても参考になるかと思いますので、是非この機会にレポートをゲットされてみてください。


♪ 詳細はこちらでチェック!
  ↓ ↓
ライブスター証券株式会社 × FXで勝利の音色を奏でよう♪ タイアップキャンペーン


【下記レポートの全体図です】



♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter

■ 私のポジションは・・・
ユーロポンド ロング追加
オージードル ストップにかかりました
ユーロスイス 損切り
ドル円 ロング追加 ネットスクエア
キウイドル ロング手仕舞い
オージー円 ショート追加
ユーロスイス ショート追加
ポンドスイス ショート追加

※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 84.56(8/3)
AUD/JPY ショート 80.26(8/10)→新規ポジション

USD/JPY ショート 79.97(8/4)
USD/JPY ロング 76.80(8/10)→新規ポジション

AUD/USD ロング 1.0777(8/3)→ストップ 1.0178 −599pips(8/9)

EUR/CHF ロング 1.0760(8/4)→ストップ 1.0589 −171pips(8/10)

EUR/GBP ロング 0.8733(8/8)→新規ポジション

EUR/CHF ショート 1.1018(8/12)→新規ポジション

GBP/CHF ショート 1.2594(8/12)→新規ポジション

NZD/USD ロング 0.8365(8/4)→成行 0.8400 +35pips(8/10)

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)



下記、書籍タイアップです。

♪ 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術プレゼント
数多い投資書籍の中でもこの一冊はお勧めです!
伝説のトレード集団タートルズは手法に注目されがちですが、巧みなポジションサイジングに秘訣があると思います。
posted by jaguar at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「最狂通貨:スイス」目先はショート戦略だが週足で底打ちとなるか?

2011年08月12日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけると更新の励みになります。。
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

ツイッターで配信していたCCI-4時間足手法を使用した先週の結果を記事にしています。
良ければご覧ください。
先週の「CCI-4時間足手法」のトレード結果。チャート付(7/17)



こんばんは。jaguarです。
この記事は18:52分から更新しています。


今週はマーケットがドル円の介入、オセアニアのリスク回避に注目している中、横目に独り舞台となったのがスイスペア。

先週からSNBがスイス高防止策を出し始めた時からユーロ/スイスをメインにトレードしていましたが、今週はかなり大荒れな展開。

FOMCではユーロ/スイスがパリティ割れ(安値1.0063)目前までいって、あの落ち方を見ていると0.9800までストンといくかなと思うようなスピードで一瞬リーマンショックが頭をよぎりました。

スイス売りの背景として、「スイスの覆面介入」「ユーロ/スイスを1.15にペッグ」「短期金利をマイナスにする」と言う噂が飛び交っていますが真相は不明。

最近は主にユーロ/スイス、オセアニア/ドルをデイトレしていますが、確かにあの上昇は介入かと疑う上げ方。

先日はドル/スイスの底打ちについて記事にしましたが、執筆した14:45時点ではもう一回下を試して、そこで安値が更新できなければ上昇かなというイメージでした。

「今週の下落幅を全値戻し」も考えましたが「ありえない」と思いすぐに却下しましたが、結果は戻ってきて週足では下ヒゲが長い足を示現。

( 「ドル/スイス」CBP(クラッシュ・バーン・プロフィット・トレーディディング)に注目!ドル円とポンド円のチャートを見て思う事。参照 )

【CHFペア】週足
Image4.png
※画像はクリックで拡大できます。

【CHFペア】日足
Image1.png
※画像はクリックで拡大できます。



♪ 「CCI-4時間足手法」レポートタイアップ!
ツイッターで配信中のCCI-4時間足手法をレポートにしました。
こちらに「CCI-4時間足手法」の成績をまとめています!→CCI-4時間足手法=Weekly成績



♪ 週足では下ヒゲが長い足型を示現して一旦底値を形成。日足ではEMA21と接触してきてファーストアクションは一旦抵抗!!

昨日は週足ADXを使用して反転を確認するCBP(クラッシュ・バーン・プロフィット・トレーディディング)methodを記事にしましたが、それを示唆する形で週足は下ヒゲが長い足型を形成。

CBP-methodから言えば週足セットアップは整い、後は日足で反転が確認できればロング勝負といった形でしょうか。

日足EMA21は明確な下方向で乖離幅が縮小してきているので、ファーストタッチ(EMA21と接触しなくても乖離幅が縮小)は目先はショート戦略で見ていて、さきほどショートを建てています。
詳しくは下記スイングポジション一覧を!

EMA21を抜けてくればすぐに撤退しますが、EMA21と摩擦してくればもう1ショット入れる予定。

いつ暴騰してもおかしくないので、ターゲットは引っ張りたくなく値幅的に200pips辺りで考えています。

これぐらいだと、今日のNYでも十分射程範囲内!

私たちトレーダーは収益を上げる事が目的なので、介入催促相場を繰り広げているクロス円などより収益チャンスがある通貨ペアをcurrency Dealingとして選択するべきではないでしょうか。

これだけボラティリティがあると一旦ストップにかかったとしてもポジションを逆に倍返しでひっくり返せばプラスにもっていけます。

ボラティリティがないと一回大きな動きがあった後保ち合いといったケースが多いからですね。

引き続きスイスクロスに注目!

それでは!


♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter


■ 私のポジションは・・・
ユーロポンド ロング追加
オージードル ストップにかかりました
ユーロスイス 損切り
ドル円 ロング追加 ネットスクエア
キウイドル ロング手仕舞い
オージー円 ショート追加
ユーロスイス ショート追加
ポンドスイス ショート追加

※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 84.56(8/3)
AUD/JPY ショート 80.26(8/10)→新規ポジション

USD/JPY ショート 79.97(8/4)
USD/JPY ロング 76.80(8/10)→新規ポジション

AUD/USD ロング 1.0777(8/3)→ストップ 1.0178 −599pips(8/9)

EUR/CHF ロング 1.0760(8/4)→ストップ 1.0589 −171pips(8/10)

EUR/GBP ロング 0.8733(8/8)→新規ポジション

EUR/CHF ショート 1.1018(8/12)→新規ポジション

GBP/CHF ショート 1.2594(8/12)→新規ポジション

NZD/USD ロング 0.8365(8/4)→成行 0.8400 +35pips(8/10)

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)



下記、書籍タイアップです。

♪ 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術プレゼント
数多い投資書籍の中でもこの一冊はお勧めです!
伝説のトレード集団タートルズは手法に注目されがちですが、巧みなポジションサイジングに秘訣があると思います。
posted by jaguar at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ドル/スイス」CBP(クラッシュ・バーン・プロフィット・トレーディディング)に注目!ドル円とポンド円のチャートを見て思う事。

2011年08月11日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけると更新の励みになります。。
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

ツイッターで配信していたCCI-4時間足手法を使用した先週の結果を記事にしています。
良ければご覧ください。
先週の「CCI-4時間足手法」のトレード結果。チャート付(7/17)



こんにちは。jaguarです。
この記事は14:45分から更新しています。

昨日はまたしても株価が軟調に傾斜してFOMCがあった9日の安値がギリギリサポートされている格好。
またVIXも陽線を示現して予断を許さない展開となっています。

ドル円も戦後最安値を更新するのも目前で、おそらく更新してくるとは思いますがその時に当局が介入を入れてくるのかがポイントです。

ただし、介入が入ってもドル円やポンド円を見ていると8月4日の介入後にズルズルと下がっていく中介入期待でロングを建てた人は皆コストで逃げる事もできていない為含み損となっています。

もちろん途中で損切りをかけている人もいるのでしょうが、ドル円に関しては介入期待でロングしている人が多く介入が入るまで握り締めている人が多いように私には見えます。

なので、介入が入っても上値は限定的で絶好の売り場となるでしょう!

私のドル円ポジションは前回介入が入った後80円でショートして現在ロングを入れてスクエアにしていますが、介入が入ればロングを手仕舞いしてまたショートにポジションを傾けます。

あと、昨日の記事でオセアニア/ドルの短期ショート戦略ですが上手くワークした日となりました。
NYに入って下落してきたので、50%付近の目標値からロングに倍返しでこのロングは先ほど手仕舞い。
「オセアニア/ドル」一目均衡表−基準線&転換線の絡んだポイントに注目!参照)

ここからはチャートの形が整うまで様子を見ながらスキャルで勝負したいと思います。

【USD/CHF】週足
Image1.png
※画像はクリックで拡大できます。


♪ 「CCI-4時間足手法」レポートタイアップ!
ツイッターで配信中のCCI-4時間足手法をレポートにしました。
こちらに「CCI-4時間足手法」の成績をまとめています!→CCI-4時間足手法=Weekly成績



♪ 週足ADXに注目すると過去の水準からは反転ポイントに達してきている!突っ込んでショートするのはリスキー!
今日は具体的な戦略ではないのですが、ここ最近のドル/スイスを見てみたいと思います。

FOMCではスイスが大暴れしてユーロ/スイスはパリティ割れ目前まで迫り、ポンド/スイスは高値から安値まで1日で1,000pipsとなった大荒れな日となりました。

チャートはドル/スイスの週足チャートです。
1988年からのチャートですが、注目はADXの位置です。

週足でADXが50付近まで上昇すると一旦サイクルが反転するケースが確認できます。
ただ反転期待のロングもかなりリスクがあるので、せめて日足で反転の形が整うまでは様子見が良いでしょう。

先週はover-soldな感じもあり、ユーロ/スイスのロングで何回か勝負したのですが再度どこかでまたロングを短期的に狙っています。

現在日足ではTD-セットアップのカウント継続中でせめてこのカウントが完了するまでは様子を見たいですね。

ちなみに、ドルスイス、ユーロスイス、ポンドスイスどれも「13」をカウント!

週足ADXの分析方法はCBP(クラッシュ・バーン・プロフィット・トレーディディング)としてコナーズの短期売買実践 システムトレードの心得と戦略で紹介されています。

書籍内のルールは具体的な数値まで書かれています。良ければ参考にされてみてください。

コナーズの短期売買実践

それでは!


♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter


■ 私のポジションは・・・
ユーロポンド ロング追加
オージードル ストップにかかりました
ユーロスイス 損切り
ドル円 ロング追加 ネットスクエア
キウイドル ロング手仕舞い
オージー円 ショート追加

※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 84.56(8/3)
AUD/JPY ショート 80.26(8/10)→新規ポジション

USD/JPY ショート 79.97(8/4)
USD/JPY ロング 76.80(8/10)→新規ポジション

AUD/USD ロング 1.0777(8/3)→ストップ 1.0178 −599pips(8/9)

EUR/CHF ロング 1.0760(8/4)→ストップ 1.0589 −171pips(8/10)

EUR/GBP ロング 0.8733(8/8)→新規ポジション

NZD/USD ロング 0.8365(8/4)→成行 0.8400 +35pips(8/10)

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)



下記、書籍タイアップです。

♪ 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術プレゼント
数多い投資書籍の中でもこの一冊はお勧めです!
伝説のトレード集団タートルズは手法に注目されがちですが、巧みなポジションサイジングに秘訣があると思います。

「オセアニア/ドル」一目均衡表−基準線&転換線の絡んだポイントに注目!

2011年08月10日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけると更新の励みになります。。
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

ツイッターで配信していたCCI-4時間足手法を使用した先週の結果を記事にしています。
良ければご覧ください。
先週の「CCI-4時間足手法」のトレード結果。チャート付(7/17)



おはようございます。jaguarです。
この記事は6:54分から更新しています。

昨日は月曜日のNYダウを筆頭に世界株安を引き継いでリスク回避の動きが加速。
オセアニアペアは軟調な展開でしたが、欧州前までにショートカバーとなり、引けは下ヒゲが長い陽線を示現。

またリスク回避からスイスは大急騰!
特にポンド/スイスは高値から安値まで1日で1,000pipsの上下幅となってかなりボラティリティが高く荒い展開となっています。

まさに「最狂通貨:スイス」といった値動き。

昨日は特にポンドはネガティブニュースも出て軟調となり、ユーロ/ポンドも上昇して大陽線を示現しています。

私のスイングポジションはある程度縮小しています。
此処の所オセアニア/ドルに関してみっともないトレードが続いていますが、キウイドルも一旦手仕舞い。

長期的にまだ上方向に見ていますが、とりあえずコストが悪いので一旦切って、昨日の安値を試しにきた所(ダブルボトム)で見極めてロングを建てようかなとイメージしています。
(昨日の値幅50%以下に注目)
ただしスイングで保有するかはその時の状況次第。

後はドル円が76円台で引けているのでこの後のトウキョウがどういった反応をするのかに注目しています。

とりあえずは引き続き短期トレードに集中!

【AUD,NZD/USD】日足
Image1.png
※画像はクリックで拡大できます。


♪ 「CCI-4時間足手法」レポートタイアップ!
ツイッターで配信中のCCI-4時間足手法をレポートにしました。
こちらに「CCI-4時間足手法」の成績をまとめています!→CCI-4時間足手法=Weekly成績



♪ オージードルは「三役好転」が崩れた!短期的には基準線と転換線が重なっているポイントがレジスタンスとなる可能性が高く上値追いはできない。
オセアニアのドルストレートです。
8月に入るまでは「三役好転」で堅調推移していましたが、TD-セットアップのカウント完了と同時に大暴落。
キウイドルに関しては昨日の安値で一旦雲を貫通して引けにかけては陽線と荒い展開。

足型的には一旦底をつけたような形ですが、このまま昨日の高値を越えてどんどんと上昇するイメージはなく、基準線と転換線が絡んでいるポイントは短期的にレジスタンスとなると見ています。

短期的にはショートで回転を効かせて勝負して、昨日の値幅50%付近ではショートで追いかけず冒頭でも書いたようにロングに切り替えるようなイメージです。


それでは!


♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter


■ 私のポジションは・・・
ユーロポンド ロング追加
オージードル ストップにかかりました
ユーロスイス 損切り
ドル円 ロング追加 ネットスクエア
キウイドル ロング手仕舞い
オージー円 ショート追加

※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 84.56(8/3)
AUD/JPY ショート 80.26(8/10)→新規ポジション

USD/JPY ショート 79.97(8/4)
USD/JPY ロング 76.80(8/10)→新規ポジション

AUD/USD ロング 1.0777(8/3)→ストップ 1.0178 −599pips(8/9)

EUR/CHF ロング 1.0760(8/4)→ストップ 1.0589 −171pips(8/10)

EUR/GBP ロング 0.8733(8/8)→新規ポジション

NZD/USD ロング 0.8365(8/4)→成行 0.8400 +35pips(8/10)

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)



下記、書籍タイアップです。

♪ 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術プレゼント
数多い投資書籍の中でもこの一冊はお勧めです!
伝説のトレード集団タートルズは手法に注目されがちですが、巧みなポジションサイジングに秘訣があると思います。
posted by jaguar at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恐怖指数「VIX」急騰!リーマンショック89.53を狙う展開となるか?

2011年08月09日

♪ インタビュー記事が掲載!      → FXの庭 参加ブロガー直撃インタビュー 
♪ インタビュー記事第2弾!       → Traders Japan投資家インタビュー!
♪ CCI-4時間足手法〜Method編〜レポート(サンプルあり) → こちらをクリック!

♪ 応援クリックしていただけると更新の励みになります。。
   人気ブログランキングへ      にほんブログ村 為替ブログ      外為ランキング
─────────────────────────────────────────────────────

ツイッターで配信していたCCI-4時間足手法を使用した先週の結果を記事にしています。
良ければご覧ください。
先週の「CCI-4時間足手法」のトレード結果。チャート付(7/17)



こんばんは。jaguarです。
この記事は17:09分から更新しています。


株価が下げ止まりません。
NYダウも昨日は大陰線となり今日も引き続いて株価が軟調な展開が予想されます。
今晩バーナンキ氏がNYの朝一で株の急落を鎮静化させる策を打ち出すという噂が流れていますが真相は不明。

各国協調で何か策を出さないと「リーマンショックを大きく超えるショックになりかねない」という声もあります。

Image1.png



ここで今日は恐怖指数と言われているVIXを見てみたいと思います。


【VIX指数】週足
Image2.png
※画像はクリックで拡大できます。


♪ 「CCI-4時間足手法」レポートタイアップ!
ツイッターで配信中のCCI-4時間足手法をレポートにしました。
こちらに「CCI-4時間足手法」の成績をまとめています!→CCI-4時間足手法=Weekly成績



♪ リーマンショック時の高値89.53を狙う展開となると市場はまだまだ底が見えない状態となる!?
恐怖指数といわれているVIXですが、ここの所急騰しているのがわかります。
週末にS&Pが格下げをしたのが更に拍車をかけた形となり現在48.00と去年のオーダーミスヒットでクロス円が暴落した時を超えて再びリーマンショック時と並ぶ水準へ上昇してきています。

ちなみに、リーマンショック時は最高で2008年10月24日に89.53を記録したそうですが、このままネガティブニュースが続きアメリカ政府に信用がなくなれば、まだまだVIX上昇=市場はリスク回避=株安とうい構図は免れないでしょう。

こういった状況を踏まえて我々トレーダーがやるべき事は兎にも角にもこのチャンスを収益に結びつける事!

私のスイングポジションではオージードルが少々痛い損切りになってしまいましたが、VIX上昇時はボラティリティが高いのでここから短期トレードに集中していきたいと思います。

いつ介入が入るかわからない状態でもあり、少しチャートの形が整うまでの間は持ち越しポジションはリスクが高い状況だと思います。

VIX指数が下降するにもV字で反転下落してくるケースは少なくダブルトップを形成するケースが見られますので、しばらくボラティリティは高くリスク回避思考が続きそうです。

CFDトレーダーならVIXを取引されても面白いかもしれませんね。


それでは!


♪ ツイッターで短期の相場観をつぶやいています♪ → twitter


■ 私のポジションは・・・
ユーロポンド ロング追加
オージードル ストップにかかりました

※月曜から金曜日までのポジション動向をまとめて記載しています。


○ ポジション一覧(スイングングポジションのみ)
AUD/JPY ロング 57.30(08/11/21)
AUD/JPY ロング 59.62(09/1/16)
AUD/JPY ロング 73.86(10/5/21)
AUD/JPY ショート 84.56(8/3)

USD/JPY ショート 79.97(8/4)

AUD/USD ロング 1.0777(8/3)→ストップ 1.0178 −599pips(8/9)

EUR/CHF ロング 1.0760(8/4)

EUR/GBP ロング 0.8733(8/8)→新規ポジション

NZD/USD ロング 0.8365(8/4)

TRY/JPY ロング 51.31(1/31)



下記、書籍タイアップです。

♪ 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術プレゼント
数多い投資書籍の中でもこの一冊はお勧めです!
伝説のトレード集団タートルズは手法に注目されがちですが、巧みなポジションサイジングに秘訣があると思います。
posted by jaguar at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする